Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2009/12/27(日)   CATEGORY: 日常
MC
大家さんからのメールのタイトルがこれで、しばらく頭を捻っていたのですが。

「メリークリスマス」

ぽむっ=3

日本でいう、「メリクリ」と同じなんだあ~、と感動し、

大家さんにお祝いメール送ってないことに気付いて撃沈… =○□=


ダンナ様よ…送ったか???(日記書いたら確認しよ)


クリスマスはみんな家に引き篭るので静かなもんです。
ビジネスに湧く街中がない田舎なもんで。

シカゴのダウンタウンにデッカイクリスマスツリーと、ドイツ村(クリスマスマーケット)が出るというので、ウキウキと行って参りました。

ヨーロッパは各地の町で、11月23日あたりから一ヶ月間、クリスマス市という出店を出して、それはそれは素敵な雰囲気を醸し出します。
日本でいう縁日の出店をログハウス調にして、クリスマスの飾りや食べ物を売り、教会が近いので賛美歌が屋外で歌われホーリーな気分になれるという、雪が降っていれば最高の空間です。

うん。
シカゴのダウンタウンのは確かに、お店の人達はドイツ語をネガティブに話してたし、出店の感じはドイツと似てた。
だけどツリーも店も全体の規模が小さく、売っているのもアメリカ仕様でドイツの本場感がない。

…どこまでアメリカ仕様にしたいんだアメリカよ…。
(例えば、ツリーのオーナメントは、ドイツでは木彫りや真鍮製など、素材感たっぷりのもの。しかしシカゴのは、キャラクター重視でカラフル、キラキラのラメが必ず入っている)

クリスマス商品に限らず、国外メーカーのもアメリカ仕様で中身(デザイン・味)が違ったりして、アメリカンはアメリカンが一番なのね、というお国柄。

まあ、他の国もそういうもんですがね。日本もそうだし。その国の人種、国風に合わなければ売れないし。

ちょっと残念な気持ちにはなりましたが(雨だったし)、懐かしい気持ちにはなれたし、アメリカでしか味わえないバージョンだからヨシとします。

ちなみに、接客まではベラベラとドイツ語を話していた店員さんが、私が商品を指差した途端に英語に切り替えたので、つい気圧されて英語で買い物してしまったケイでございました。
一応、挨拶はドイツ語でしたけど反応なかったので、東洋人がドイツ語を使うとはハナから考えてなかった様子。(意識にないと、聞き取れないのよ、外人が自国の言葉を使ってくれても)

駄目じゃん、ワシ。
またドイツと仕事させて頂くのにさ…。

拍手ありがとうございました♪
遅くなりましたが、皆様はどんなクリスマスをお過ごしになられましたか?
スポンサーサイト
DATE: 2009/12/23(水)   CATEGORY: 不妊治療
急がば回れ。
本日は、この町(というか、この近辺中の)唯一の大病院に行って参りました。

日本でいう高速から随分離れた広大な畑ばかりの地域、集落みたいな田舎町が点々とあるんですが、この町はそれらの集落の人達が普段の買い物に来る町として、いくつかスーパーなどがあります。

しかし病院はここしかない。何かあってもとにかくまずはここ、みたいな。

しかしながら、日本とアメリカの医療システムは全く違います。
日本でいうなら、大病院の場合はまず病院の外来に行って、自分がかかりたい科に案内して貰って、予約するなりして診察して貰いますよね。

しかしアメリカの場合は、なんにしてもとにかくまずは、「ホームドクター」と呼ばれる家庭医を決めて、各専門医を紹介して貰うシステムです。ホームドクターの紹介状がなければ専門医には診て貰えません。
詳しくは判りませんが、恐らくは保険の問題なのでは、と勝手な解釈。
日本は国民保険がありますが、アメリカにはない。
個々に保険が分かれているので、ドクターもその保険に属して個々に分かれています。
つまり、属している保険の中で診て貰う、ということです。

幸いにも渡米してから今まで、現地の病院にかかることはなかったので、ホームドクターは持っていませんでした。(haveという、持ってる・持ってない、の表現をするのはなぜかしら?)

しかし、カミングアウトした「不妊治療」の次のステップのために、不妊治療とは一見関係のない箇所を検査する羽目に。数年前から抱えているものなんですが、良性と判断されて要経過観察となっていた箇所。

妊娠の直接的な妨げにはならないのですが、不妊治療の担当医が「今後、治療のために使用する薬が影響するので、きちんと生検をしてください」と指示してきたのでした。

生検とは、細胞を採取して、悪性・良性を正確に見極めることです。(つまり痛い検査)

それを施すのは外科の先生ということで、もしも摘出手術になってもひとりで通える範囲の町の大病院にアポを取りに行ったのですよ。
受付でホームドクターに予約したい旨を述べる、付き添いの夫様。

病院に来てからホームドクターを紹介して欲しい、というのはなんだか順番がおかしいような気がするんですが、夫様の会社の方からのアドバイスの通りにトライ。

と、田舎だからでしょうか…、病院に入った途端に、案内のおじさん、受付のおばさん、ナースさん達が、みんなして、英語がしどろもどろの私達のために、丁寧に優しく、根気強く対応してくれました。

そしてホームドクターの行程をすっ飛ばして、病院にいる専門医のアポを取らせてくれました。

書類を揃える都合があるので、年明けに行って参ります☆

折角だからホームドクターを持ってみよう、という目論みもあったんですが、まあ、スムーズに目的地に繋がったことに感謝しましょう…。

とにもかくにも、検査次第では麻酔手術になる可能性があるので、不妊治療のステップを1ヶ月ズラしての、年明けの検査。
痛いのイヤですが、頑張りますですよ!!

検査には夫様の付き添いが都合により出来ないので、ひとりで頑張ってきますですよ!!
必要な英語を勉強していかねば!!

拍手ありがとうございます♪
DATE: 2009/12/21(月)   CATEGORY: FF6
友これ。
久しぶりの連日ブログ。
えらいえらい。

今年7月のドイツのサイン会にて、日本人ゲストの皆様が持参のDSでご一緒になって遊んでおられたソフト、

「トモダチコレクション」

おもしろいゲームだからぜひ!とお勧めを頂戴したものの、通信して遊び合う相手のいない環境ですし、「いつか…」と思いながら心に留め置いていただけでした。

しかし、その直後にワンコを亡くし、子供計画があったので新しいワンコをお迎えするわけにも行かず、せめて、育成ゲームを…と考えていたところ、

「そうだ、シムズで大好きなロックを作りたい!」

と思い立ち。

が、シムズは高いし、どうしようかな…と悩んでいたら、

「そうだ、トモコレで出来ないかな??」


銀髪キャラが出来るか心配でしたが、密林でゲット。(流石にこれはアメリカでは買えないな…)


心配を余所に、銀髪も金髪も赤毛も作れる!


早速、自分と旦那様、実姉を作ってから、ドロボウ、おうさま、ギャンブラー、(かなり後になってから)マッシュを作りました。後は他に好きな俳優やオリジナルキャラ(コミックスのとか)を作りましたが、その話はまた後日。

早速ドロボウは、おうさまと仲良くなったと思いきや…おうさまは他のMiiと仲良くなっちゃって、ドロボウはギャンブラーと仲良くなってしまいました。

残念ながら細かいことは覚えてないんですが、結構、それぞれがそれぞれらしい性格になっていてオドロキです。

ドロボウは皆と仲が良いし古着を気に入るし、おうさまはやたら口説き魔でインテリアと服を所望してくるし、ギャンブラーは口説いては撃沈しているという…。

笑えたのが、「おうさまから合体ロボを貰いました」と言ったMiiがいたこと。

ドロボウとおうさまは一時、親友っぽくなってくれたんですが、今はときどき遊ぶ程度です(残念)。
Miiによっては、ノートパソコンやDSをやっていても、部屋に遊びに来ている友達と顔を合わせたり話しをしたりするのに、ドロボウは独り夢中になっていて、遊びに来ている友達はそれを暖かく見守っているという…。
可愛くて悶えます(苦笑)。

※それぞれの呼び名はニックネームで定着しちゃってるのでご容赦を。もしイメージから離れる行動をしたり、とんでもない人と恋人になっても見守れるように名前は使ってません。

マッシュなんか、肉系が大好きで、あげるのが楽しいです ^▽^

ブラウザゲームだったらスクショ撮ってブログにアップするんだけどなー。残念。

ちなみに、それぞれのキメ文句は

「せかいいちのトレジャーハンター!」
「フィガロのキカイりょくをみよ!」
「イイめがでそうだぜ!」
(マッシュはまだ作ったばかりなので指定してません)

ドロボウに恋人はいませんが(まだ誰にも恋しない…レイチェルはあえて作らん)、おうさまとギャンブラーには恋人がいます。特におうさまの恋人は誰もが知っている俳優なので、機会があったら紹介します…(苦笑)。

「トモコレ」、お勧めですよ!!
DATE: 2009/12/20(日)   CATEGORY: 日常
カミングアウト。
外は雪ですが換気のために窓を開けたら、ご近所さんがいつものように音楽がんがんにしてかけてるのが聞えてきましたが、なかなか好みの感じなのでこのまま聴いてようと思います、なケイですこんにちは☆

ご無沙汰しておりました…。
久しぶりに(コラ)覗いたこのブログ、拍手はもちろんですが、訪問者数がどーんと増えていてびっくらこきました…。

あ、そうだ。ポムっ!=3

種村先生のブログに拙宅の本のご紹介を頂戴したのだった…。照照。

先生に感謝感激なのですが、わざわざ検索を掛けて当ブログにもいらして頂いた(HPにもかな?)方、御足労ありがとうございました!!!

先生のブログと違い、あんまし漫画のカオリが漂わず、しかも更新がマバラなため、今後もお足をお運び頂くのは大変申し訳ないと思われます…。
もし、なんとなくでもお心に留め置いて頂けていたら、嬉しく思います ^▽^ノ


うむ、ドイツサイン会の記事を全然アップ出来ていないぞ~。いかんいかん。
近頃、ようやくエンジンがかかって来ましたので、来週から再びネット始動しようと目論んでおります。

有り難く、お仕事のオファーも頂いているので、勘を取り戻して行きたい…と思いつつ…


実は、現在あることに真剣に取り組んでおり、他の仕事にしても旅行にしても、とにかく生活全てのことが「その事」を中心にしないと動かないようになっておりまして…。


このブログに書くかどうか悩んでいる最中です。

私は海外暮らししながら、引きこもりするか破天荒な行動を起すかの両極端な生活をしているのが常ですが、今回のアメリカ生活でも例外なくその運命になりそうです。

(ここで寒くなって来たので窓を閉めて、自分の音楽をかける。最近のお気に入りは「ゲド戦記」の歌集バージョン。癒しです…)

今までの履歴を書きますと、

◆ドイツ◆
・ドイツに移住して数ヶ月でフィンランドまで仔犬を引き取りに飛ぶ。
・駐在妻としての扶養手当を切って就労ビザを取得後、現地の出版社と契約、コミックス出版。
・仕事と称して家に引きこもり。

◆日本◆
・趣味のDollにどっぷりハマって、あちこち精力的に出かける。
・サイン会で再びドイツに飛ぶ。
・仕事と称して家に引きこもり。

◆アメリカ◆
・アメリカに移住して数ヶ月で隣の州まで仔犬を引き取りに走る。
・ボランティアで漫画教室を開く。
・サイン会にドイツに飛ぶ。
・ただ単に家に引きこもり。(←続行中)

なんとも、両極端な生活ぶり。
突発的にとんでもないことをしでかす人間のくせに、いきなり家の中に引きこもるという、気分屋さんなんですな。

身体を壊してから、継続的に忙しくするのが難しいというのも理由ではありますが。

そろそろ蠢かねば、と考えているので、年明けに本格始動しようと思います。

だけども、前述したように、あることは真剣に取り組んで続けています。

まあいいや、言っちゃえ。


「不妊治療」


です。


結婚生活のうち、仕事が楽しくて、子供はまだ先ね、と言った期間を除いて、我々夫婦は4年ほど頑張ったのですが子供が出来ません。
ドイツから帰国した直後は色々とナーバスになっていて、本当に子供が欲しくないと思ったこともあって夫婦喧嘩もよくしました。
喧嘩の内容は子供が欲しい、欲しくないという衝突のことではなく、かなり細かなことなんですが、まあ、これは夫婦間の問題ということで。

アメリカ赴任の話が出て、年も年だし、双方の親も安心させたくて、渡米後は子供を、と気持ちを切り替えました。
(私は切り替えが滅茶苦茶早いです)
しかし、出来ない。

「検査薬の陽性反応を見る日は私には許されないんだろうか」

「ドイツで何本、無駄にして来ただろう…アメリカでも同じようにカウントされていくんだろうか…」

そう考えて、毎月落ち込んで。

それで、「ここまで」という設定を迎えたブルーデイ後、不妊治療に踏み切りました。


なんだろうね、神様は、「コイツなら試練を乗り越えられるだろう」と思ってポンと試練をお渡しになるのですかね??
知り合いの信者様に聞いちゃうゾ。

治療を始めたからって、やはし検査薬の陽性を見る権利はまだ許されないままです…。

ああ、無情、ネガティブの印 orz

(本日両親に打ち明けたら、「治療始めたからって簡単に授かれるわけがないだろう」ってアッサリ言われた…。それだけ今まで孫の顔が見たくてじれていたのね…もう境地に至った発言と見た…)

次回は検査と治療を兼ねていて、検査の中では一番痛いとされているものです。
詳しい方には何のことかお解かりになると思います。
だけど、私はお注射からして痛くて嫌だからもういいや…!同じことだ…!!

治療内容のこととか、ブログに書こうかどうしようかと悩んでますが、より詳しいことを書かれている方がたくさんおられるので、私のほうは割愛しようと思います。

ただ、現在のところ、イリノイ州で治療を受けている方の情報は発見出来ていないのでどうしようかな…。
イリノイ州での治療を参考にしたい方もおられると思うので、ときには情報を書こうかな。


次回の検査で、今後の治療方針が確定します。私の生活もそれに合わせて行くことになるので、仕事はどうなるだろう…。
世の中には、会社に通いながら頑張っておられる女性もいて、頭が下がります。
私のはこれから本格化しますが、治療は心身共にとても辛いものと聞きます。

・身体は薬漬けになるし、副作用も辛い。労わらなければならないので無理は出来ない。妊娠していれば周囲も気遣って貰えますが、それ以前の問題なので、独りで神経ピリピリ。
・金銭的なこともあるし、先の見えない闇の中で不安との闘い。
・夫婦間での精神面でのケアが必要。

子供を腕に抱くための前進だと考えなければやっていけないことです。

だけどね…


だけどね…


片道車で8時間走って病院に通うってどうよ…。



アメリカの田舎、ちょっと憎んだ(苦笑)


治療内容によっては、車の運転は厳禁なので、ホテル住まいしながら孤独に戦うことも考えてます。

そうかー、部屋で仕事すればいいんだー ^▽^ノ


アメリカは、治療の薬(注射)はセルフなのよ…。例えそれが お尻でも…。orz


お注射キライ><
お尻でもイタイのっ。


うん。がんばるしかあるめぇー。メェーメェー。



今年後半はダラダラしてしまった分、来年は初めからフル回転で濃ゆい一年になりそうな気配がムンムンです…。
(実は、私は物事が重なると燃えるタイプ。逆に仕事もはかどるかも…)

やはしそれが私の運命なのね…神様…。


英語の勉強も頑張らないと、とヒシヒシと感じております。

来年ブログの内容は

・アメリカ生活日常
・不妊治療
・漫画
・趣味(ここでは主にワンコ・ゲームのことかな?)

まあ、一貫性のない内容になりそです…。


とにもかくにも、皆様も良いクリスマスをお迎えくださいませ。


拍手と、誕生日お祝いをくださった方々、心より大感謝しております☆
今年の誕生日は旦那様が出張中で寂しかったので、何よりの励ましでした^O^

S様、毎日のカウントメッセと、綺麗なお写真、本当にありがとうございました☆
お風邪を召されてませんように。
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。