Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2010/04/28(水)   CATEGORY: お仕事
締め切り越えの果てに
今月末の締め切り原稿。
しかし、月末は予定があって仕事が出来ないので、前倒しで仕事しておりました。

2枚提出のうち、1枚だけは必ず提出、というのがノルマでしたが…。


1枚は提出した!


…予定がなければ2枚提出出来たのに…。

パソコン乗り換えで冷や汗ものでしたが、なんとか。


で、急ぎでのパソコン乗り換えのおかげで、Webでの「お気に入り」履歴が全くありません。
日参している場所へは検索ですぐ行けるのですが、それ以外のものはうろ覚えなので、細かく探して追いかけて行かなければならない。

定期的にチェックしている、私の漫画のレビューサイトとかもそのひとつなので、先ほど検索で探しておりました。

今までやほー!愛用でしたが、乗り換えのためぐぐってみましたら…。

でるでる、私の漫画のタイトルが…


ドイツ語、英語、フランス語、ロシア語、デンマーク語、フィンランド語、…もう解りません。笑
(10ヶ国語で出版されているので、各国の通販サイトがヒットしたの)


ついこの前、フランスの出版社様から出して頂いたので、フランス語サイトが多くヒットしました。
ありがたいです。

しかし、驚いたことに日本語のサイトもヒットします。

「ドイツで出てる漫画の紹介~でも、描いてる人、日本人みたいだけど、一体どこから出した漫画を翻訳したのか!??」

という、出所&著者詳細不明という内容が多い。笑
私を男だと勘違いされてる方も。

日本の漫画の版権を買い、自国の言葉に翻訳して出版している海外市場。
だから、その中に於いて私の漫画はややこしいわけです。
著者の名前が外国名なら、海外漫画家だと判明し、自国出版なんだな、と予測が付くわけですが。

で、その中に、ドイツ人がレビューされたのを日本語訳で掲載されているブログを発見。

今まで、ドイツ情報はドイツの知人様か、担当様からか、私のなんちゃってドイツ語翻訳での収集でしたが、改めて翻訳されたレビューを読んでみると…。


そうだったのか!!


という発見と感動。

私の漫画は「グリム童話」のパロディです。
漫画が溢れていて、パロディがジャンルとして確立している日本で育った私にとって、「グリム童話」のパロディは自分では全く斬新に感じていませんでした。しかしグリム童話本場のドイツでは、日本人の解釈でパロディ化した、日本漫画スタイルのグリム童話は非常に珍しく、新鮮だそうです。
未だに全く実感が湧かないんですが。

しかし、そのブログでの一文を抜粋させて頂くと、

「独特の解釈と台詞回しがドイツ人に絶大の人気を博す」

とありました。


えー、独特の台詞回しだったの?????


作者、全く自覚ナッシング。


漫画家のくせに夫より漫画を持ってなくて、漫画を読むより映画を観るのが好きで、多分、現在の漫画大好きドイツ人の子達より漫画読み数が圧倒的に少ない私。

だから最近の流行とかの影響がないのが、悪くもあり、良くもある。


うーん、日本人視点の解釈から来る台詞回しだから、「独特」なのかなぁ。

こればかりはドイツ人でないと解らないところです。
機会があったら、担当さんに聞いてみよ。


さて、検索中に私のキャラのコスプレイヤーさんの写真が増えているのを発見。

めちゃくちゃカッコイイ&可愛い写真の数々に、ここで紹介したい衝動にめっちゃ駆られますが、許可を取ってないので自粛。残念。
うーん、肖像権は彼らにあり、所有権はサイトにあり、しかし版権は私にある…。

ややこすぃー。

それにしても、コスプレのお店がたくさんある日本と違い、自分達で手作りしているあっちの子達はすごい…。

また現地でコスプレさん達のお写真が撮れるように…つまり、イベントに招待して頂けるように、新刊がんばる!!!

そしてまた、日本ともドイツとも離れたこの超絶田舎な日々の生活に、より一層の「独特の台詞回し」が出来るといいけどなぁ。
世俗離れしたトンチンカンにならぬよう気を付けねば笑。

拍手一杯ありがとうございます♪
スポンサーサイト
DATE: 2010/04/23(金)   CATEGORY: 日常
目標体重クリア!
祝☆目標体重!!

人生で最大に太っていた先月は流石に涙涙でしたので、地道に地味にダイエットしておりましたヨ。

お腹が弱いのと、神経質なせいで、食べても太らない体質でしたが、アメリカ来てから加齢してからありがたい体質は変わってしまったようですよ。

体重計を二度見してしまう重さ。
体がおっもーっ。

で、バーベキューの日以外は海産物以外の肉を避け、バーベキュー以外の日は糖分を控え、せっせと天気の良い毎日を散歩してましたらば。


一週間で4キロ減量!!


女性で4キロはさして大した減量ではない??どうなんだろ??ダイエットしたことないからわからないや…。


でもねぇ、去年のドイツ行きのときに新調したジーンズが、ローライズなんだけど、今履くと痛い。
…骨盤太りしたか…?

でもここ2、3日、パソコンの不調でイライラしてたのと、とうとう昨日になってUSBがイカれてしまい、仕事が出来ない、締め切りもうすぐなのに!という窮地な気分もダイエットに一役買ったかも…。

明け方まで、本日もさきほどまで、急遽データ保存用に使っていたパソコンをメインにすべく、環境を整えておりました…。

タブレットのインストールが上手く行かなくて悶々したよ…。あれやってこれやって原因探ってまたあれやってこれやって…と無限ループに陥りながらも、なんとか解決。
一応仕事出来る環境になったので凌げそうですが、メモリースティックが使えないのでデータの移送が出来ず、まだ不便は残ります。

…けども、今までメインだったパソコン、不調が続いていたおかげで、今回のパソコンは軽い分、ススイのスイ。
こんなに早かったのか…!という処理速度に、今までどれだけフラストレーション溜めてたんだ、と今までの自分にびくびくです…。

だって、パソコン起動して、メールチェック出来るようになるまで15分かかるってどうよ??

なんか、マイパソコンもダイエットしたような気分笑。

さてさて、仕事に戻ります。

拍手ありがとーございます^^
DATE: 2010/04/22(木)   CATEGORY: お仕事
残念。
本日はカロリー消費のために、以前住んでたときに散歩コースにしていた所までホテホテ歩いてきましたヨ。
Mシュナの仔犬が折れた耳をぷるぷるさせて地面のニオイ嗅いでたのが可愛かった。
半タレ耳は憧れだね。歩くときにヒヨヒヨいって可愛いのったらなんの。

うちのチワ子もロングの毛の重みでちょっとヘヨヘヨいうときがあるので、嬉しいね。
しかし…どうして女子大生の生足を嬉々として追いかけるんだろう…。


さて。

昨日の記事にあります、日本からのオファー。

残念ながら、白紙になりました。早っ。


アメリカに住んでいることが難点となった模様です。
私がお返事するより前に、あちらから白紙に。


残念だけども、ちょっと安心。

またタイミングが合ったら、ぜひお受けしたいですね。


私の仕事に関しては、今現在、アメリカに住んでいることが利点にはなっていません。
障害となることばかりです。

画材が簡単に手に入らないのはもちろん、労働ビザも簡単には取得できず、日本との時差が開きすぎていて、締め切りの調節がややこしい。

ドイツにいたときもそれなりに大変でしたが、結局ドイツ出版社さんとの仕事になってからは私の漫画家人生で華々しい時代となりました。


アメリカもアジア漫画文化がポピュラーになって来ているので、片身が狭い気はしませんが、いかんせん、アメリカの出版社と仕事をしない限りはアメリカで仕事している意味がナッシング。


渡米を決めた時点で、「漫画人生<子供」を選んだから、まあいいんだけどもね。


両立しているお母さん達はたくさんいるから、私も頑張りたいんだけど、なんだろう、最近私は妙にアイデンティティに悩んでいます。


エビ型だからね、しょーもないことをウネウネグタグタ考えちゃうものなのよ。


ああ、だから早く妊婦さんになって、すっきりしたい!!

いつかアメリカで漫画描くことの意義を見つけるんだ!!


拍手いつもありがとうございます^^リアルに励みです♪
DATE: 2010/04/21(水)   CATEGORY: 日常
別れと出会い
野球の試合開始をうっかり「プレイオフ」と言ったら、父に「プレイボールだ、ちゃんと辞書使いなさい」と叱られてしまいました。

あれー?プレイボールと言ったつもりだったんだけどな、書く段になって微妙になって適当に書いてしまった。
野球ファンシャーに蹴られる…。

アメリカにいるんだから英語を間違うな、という父の愛の鞭と受け取っておきましょう。


さて、本日は帰国ご家族とお別れのご挨拶をしました。
無事の帰国を祈っております。
奥様は、私の手術の際に、出張中でいない旦那様の代わりに付き添ってくださった先輩です。

「相手が嫌がるほどに世話を焼きたい」

と常々言ってらした方でした。

もうひとりの先輩と私とで、「愛するよりも愛されたいね」と意気投合している中、おひとり

「愛されるより愛したい」

と応えた先輩。

いっぱいいっぱい御世話になりました。たくさんのたくさんの愛をありがとうございました。
また、日本でお会い出来る機会があるといいな。もしかしたら、また別の国でお会いするかもしれないな。

どうか、ご家族で元気に幸せな日々をお過ごしください。


さて、お別れがあり、出会いもあります。


出会いというか、なんというか。




仕事のオファー。



あり難い…すごくあり難い……。







だけど、…無理かも……。



今抱えている契約の仕事と並行して、妊婦計画がありますから、これ以上のゆとりがありません。
私の体質を心配する旦那様が、もう妊娠を先延ばしにしたくないと言います。

2人の子供を考えたら、あと4年の卵ちゃん保証期間しかないし…。



おほほ、今度はジンジャーが駄目になったわよ…!!

体を温めるからって、砂糖漬けのジンジャーを毎日食べていたら、とうとう咳が始まりました…。

お寿司のガリ食べて咳き込むのは、化学調味料のせいかと思っていたが…。


しばらく牛乳を経っていたら、クリーム食べただけでもトイレとお友達に。



どんだけ弱くなっていくんだ私…!!




怖くて、妊婦のためのサプリが未だに試せていない私でございました。
(そして治療の薬の副作用の恐怖をじわりじわりと差し迫って感じていくのです…)

ずっと自然妊娠しないままでいると、「自然に妊娠して簡単に済ますなよ、お前!」って誰かに言われてるような気がして、治療しなくちゃって強迫観念が…汗。

だからといって、「人工受精」で確実?な方法を取ろうとしている自分もまた「無精者!」って責められてる気が…汗。

旦那様にうだうだ言ったら、




「なにごちゃごちゃ言ってんの。そんな細かいこと考えたって仕方ないし、考えるほうがよくない」



と一蹴されました笑。


拝むぜ、ダンナ。



あれ、話が脱線した…。



とにかく、オファーをお受けするかどうか、悩んでいるこの頃。
お受けしたら、日本で皆様に私の絵を見て頂ける…。



私って、何のために生きているんだろう。

P1030164.jpg

拍手ありがとうございます^^
DATE: 2010/04/20(火)   CATEGORY: 日常
それがワンコというものか。
昨日は、帰国されるご家族と、同じ会社駐在員家族の皆様と、バーベキューをしました。
帰国間際というのは大変忙しいものなので、この日のスケジュールがどうなるかは当日まで未定でした。

しかし、中心となるお宅で晩御飯は決定していたので、夕方になってから、そのお宅に行く前に持ち寄り用の食べ物を買って(作る余裕はありません…)いると、そのお宅の先輩から携帯が♪

急遽、庭でバーベキューしたいとの帰国ご家族の所望が出たので、食材を買って来て欲しい、との要請。
ラジャ!と肉やらソーセージやら野菜やら買い込んで向かいました。

帰国ご家族は、今年初めに新しく赴任された方へ家具をお譲りすべく、色々と運んでいるので来訪が遅くなるとのこと、先輩の家でバーベキューの準備を始めました。
(子供達は既に来ていて、遊んでます)

いつも奥様方が集まると、大抵、台所の用事は、先輩方がやってくださいます。
私はというと、子供達に絵を教えていたり、連れ子のチワ子に付いていたりと、お手伝いも物を運ぶ程度という、不届きモノ汗。(アメリカといえど、先輩方の家のキッチンが狭いというのもあったんですが。だから、会社の方ではないお宅のキッチンでは色々手伝ってますヨ)

しかし、今回は端から手伝いのために台所に立っていましたが、先輩の包丁さばきの華麗なことといったら!!
で、私が包丁を扱うと、今までその姿をお見せする機会がなかったので…

「…わあ!すごく繊細な扱い方!」

とすごく感心されてしまいました…。

私は元々そそっかしいので、手を怪我しないように包丁はとても丁寧に扱います。(つまりノロイ)
だから、母からすれば「遅い!それじゃいつまで経っても終わらないわよ!」と手厳しく叱られる所なんですが、感動屋さんの先輩から「新鮮!」と言われてしまい、戸惑いました笑。(先輩の性格から、嫌味ではないことは解ってます)

でも子供が出来たら、もっと高速に動かないと駄目だろうなぁ笑。

さて、準備が進む中、帰国ご家族が到着。
庭でバーベキューが始まりました。

バーベキューの予定は家を出てから知らされたから、チワ子のリードを持っていなくて、彼は家の中に待機させて、庭でもぐもぐしていると。

「チワちゃん、出さないの?」

と皆さんから言われてしまいました。

いつも庭でご飯を食べるときとか、リードなしでチワ子を連れている私なので、そう言われたんですが、先輩のこの庭に出るのは初めてだったし、暗くなってから出たので、私が周囲の状況を把握していないから出さずにいたんです。

でもまあ、大丈夫だろうと出してみました。

チワ子はよそ様に対してとても臆病です。
だから人が歩き回っている場所では、私の膝の上を所望するか、テーブルの下などで固まっています。
しかし、場所に関しては、すこぶる大胆で冒険心が強いので、最近会社の皆さんに慣れて来たチワ子は、ご飯を食べている私の膝に乗れないのを悟ると、うろうろしだしました。

あるときふと、視界から外れたので、見回してみると、お隣さんの庭(庭同士の囲いはない)の間際でふんふんしてます。
名前を呼び、遠くに行かないの!と声を掛けると、笑顔でダーッと走って戻ってきました。そして私の足に足を掛け、ちっぽを振ります。

庭にいた皆様の、感嘆の声が上がりました。

「すごーい!呼んだら来たね!」
「言ったらちゃんと解るんだ!」

…って、飼い主の私が一番びっくりしましたよ笑。

名前を呼んで足元まで来るのは、あんまりない子なんです。
人に甘えて頼るよりも、自分の保身を第一に考える、独立心の強い子だからです。

一応、散歩の途中にリードを離し、遠くに行き過ぎると呼べば、近くまでは戻る子でした。
あえて訓練はしてません。伸縮性のリードを使って、呼び戻しの癖を付けるように日々繰り返していただけです。
犬歴が長いので、これくらいはだいたい出来ます。

でも、呼んで、喜んで足元にまで来る子には、なかなかならず。
こればかりは性格だから半ば諦めていたんですが。

引越しをして環境が変り、また我が家に来て1年、どうやら絆も深まって来たかな?とちょっと思えました。
先日、足を怪我したのも、それが原因ですし。

ワンコらしくなって来て嬉しい反面、彼の個性が薄れたような気がして、ちょっと寂しくもあります。

ご飯もよく食べるようになったし、昨日なんか、肉と気に入ったおやつ以外は食べない!という子だったのに、膝に落とした卵焼きをあげたら、ばくばくと食べたし。

これで、旦那様にビビらずに甘えられる子になれば、旦那様も「可愛い」と言ってくれるはずなんだが…笑。

拍手ありがとうございます^^
DATE: 2010/04/18(日)   CATEGORY: 日常
プライバシー
パソコンがやたら重かったので、なかなかブログ更新出来ませんでした汗。

疎い私はただ困っていましたが、ふとフリーメールのデータ整理をしたら…あら、スイスイ!
原因はこれか!とやたら簡単だったことに嬉しくもあり悲しくもあり。

さて、困りつつコマコマと物事をこなしていましたヨ。

数日前にドドーンと凹んで、だけどちゃんと自分で起き上がりました。
私の誕生日占いでは、「鉄の心臓」とあります。

最近までご飯時にバッとマンシリーズを観ていたんですが、クリすチャン主演の2作はとても、脚本が好きです。
(またしても検索防止に名前に平仮名笑)

◆好きなシーンと台詞

・冒頭、井戸に落ちたブルーすを父親が助けた後、アルふレッドに「人はなぜ落ちる?這い上がるためさ」
その台詞を山場でアルフれっドがブるースに言う。

・大学から帰って来たブルーすが「僕を見放さないのか?」と言うとアるフレッドが「Never」と返す。それも山場で同じ問答がある。山場の感動数倍増し。

・プレイボーイを演じ、それは自分の本当の姿ではないと言うぶるースに対し、レイちぇルが「人の本性は行動で決まる」と言い、山場でバッとマンに名前を尋ねたレイチェるに対してブルーすがその台詞を返して正体をバラす。


特に、今の自分の胸に穿つ言葉が多いですね…。
中身がどうであれ、色んな人種がいて色んな考え方をしているアメリカにおいては、行動や言葉が人となりを推し量る判断材料。特に、言葉は不確かなものであるけれど、行動は現実的なもの。
アメリカでなくとも日本でも、どこでも、人の目に映り人に影響を与えるのは行動だから、「言うよりは行うが易し」であり、軽はずみも控えねば。

て、どれもビギんズのほうだった笑。
ダークなイトのほうは、特に台詞に印象的なものはないような。
なんだろう、丁寧な作りなんだけど、視覚に訴えるものが多かったような。

仕方ないけど、私が世界で一番好きな犬種をどうして映画ではいつも可哀相な扱いするんだろう泣笑。


さて、話題は変わって、チワ子のこと。
あれから自分でも懲りたのか、階段を降りるときは慎重です笑。

P1030155.jpg
ハートワーム(フィラリア)検査に行ったときに足も診て貰ったら、「よくなってる」とのこと。
一安心。

診察の予約に行ったときに、受付カウンターの上の、まさしく真正面に病院のにゃんこが鎮座していたので、思わず
「あなたが受付してくれるの?」と尋ねてしまったヨ。
ナースに降ろされました笑。

で、診察の日、ナースに「あなた、日本人?」と聞かれたので「そうだけど、英語が上手く話せなくて…」というと、ナースは「気にしないの、私も日本語は無理よ!」と返されました。
この問答は結構、どこでもあるんですが、これは気遣いなんでしょうかね?
「アメリカで生活するなら英語を話せ」と言われるよりいいんですが。アメリカに住んでる人に日本語を求めるつもりはありませんし…。
彼女は更に「私はスペイン人の友達がいるけど、スペイン語も話せないわよ」と言っていたかな?
だからね、基本的に自国に住む自国の人の母国語が最強なんですってば。
彼女に悪気はなく、いいナースさんなので、別に気は悪くしませんでしたがね。

で、先日、不妊治療の病院に予約の電話を入れたとき。
やはりナースから
「英語を理解するのは難しいから、英語の出来る人に助けて貰ってください。ご主人は?」と言われました。
今回は旦那様が事情で話しが出来なかったので、
「夫は今回無理です。だから私が話しするしかない」
と言うと、
「他の人はいないの?」
と。

…手術だったらともかく、予約の内容によっては、夫婦のプライバシーです。
第三者においそれと頼めることじゃありません。

「これはとてもデリケートでプライベートなことだから、私自身で話します」と返しました。

ナースも理解してくれたのか諦めてくれたのか?そのまま話を続けてくれ、なんとか予約にこぎつけました。

言葉の出来不出来で、その人の価値を決めているとしたら、私はとんでもない阿呆です。
アメリカに住んでいて、ろくに英語が話せない。

以前までは、ひとりで電話のやりとりをして、成功したときは自分を誇りに思っていました。
だけど、今は成功しても、虚しさが残ります。

悔しさをバネに、なるべく教室に通っていますが、仕事と並行して英語の勉強に没頭するほどの意欲はありません。
仕事をしていない時間は生活を整え、ストレスをリラックスさせるために費やします。

なんだろうな、無理をすることが偉いことじゃないのに、無理をしてなければ偉くない気がしてしまう。
このままじゃいけないよな。

辛いことの先にはきっと、幸せがある。
「鉄の心臓」だから、基本的な所はマイペースで頑張れるんだと思う。
でも、大切にし合える人が誰もいなくなったら、生きている価値なんかないから、周りを大切にしていきたい。

拍手たくさんありがとうございます!励みです^^
DATE: 2010/04/14(水)   CATEGORY: 不妊治療
子宝グッズ
なんでも、「子宝グッズ」なるものの中に、

プーさん

があるそうですよ。

そもそもクマは家族愛のシンボル。
ディズニーアニメの「ブラザー・ベア」でもテーマになってます。

そしてオレンジ色が子宝に恵まれやすいということで、(女性ホルモンにはピンクもいいらしい)

オレンジ色であるクマのプーさん

が、子宝(グッズ)ということです。

でもオレンジというより、ちょっと黄色に近い橙色って感じかな???


とにかく試せるものは試したいので、プーさんを捜索!


あ、そうだと思い出したものが。


日本にいたときだったかな、母がビンゴ大会で当てたとかで、プーさんの縫いぐるみをくれたのを、渡米のときにバッグの中に入れっぱなしで運んで来たのがある!


クローゼットの中に入れておいたのを出して来て、本棚の上に置いてみました。
(本当は寝室の北側がいいらしい)

埃を被せたくないので、貰ったときのままビニール袋入りですが、まあいいかな??

母からのものなので、ガレージセールに出さなくて良かった!!

母、ありがとう!!!







…昔、日本のディズニーランドで買った、プーさんの時計が二つあるけど、効力…ない?




いや、信じるのだ!信じるものが救われるのだ!!!
埃を取って磨いておきました☆ご利益お願いしますっ☆

拍手たくさんありがとうございます^^
DATE: 2010/04/13(火)   CATEGORY: 不妊治療
生物の原点は卵だ!
近所の桜が、真っ白から見事に桜色になり、ただいま散り始めております。
道が桜色の絨毯ですヨ。素敵ですね。

マグノリア(木蓮)も上に向かってスックと咲いていた花がビローンと開き、枝を埋め尽くしているので、遠くから見ると桜か桃に見えます。こちらも散り始めて、絨毯が。こちらは花びらが巨大なので豪華ですヨ。

さて、さきほど帰国される先輩の送別会ということで、「奥様同士のランチ」をしてきました。
先輩の希望するレストランでご飯です。(そして送り出す側が奢ります)

ここ、田舎だからレストラン少ないけどね!

どこかこじゃれたレストラン行こうと思うなら、最低1時間半は走らないとならないので、お子様達を迎えに行かねばならぬ先輩方とはなかなか行かれません。

思えば、ドイツで私が送り出される側になったとき、指定したレストランは、

「新婚旅行でその街に来たとき、最初に入った思い出の店」でした。

だいたい皆様、日本食レストランを希望されるんですが(大勢集まるので、日本食がベター)、私のときは私を含めても年の近い3人しかいなかったので、気遣いなくドイツ料理店にさせて貰いました。

今回もまた、先輩含めて3人だけです。

本当に家族持ちで住む日本人は会社の人達しかいない田舎な町なので、家族ぐるみでお付き合いし合う、とてもアットホームな間柄です。

今回帰国されるのは、私が手術したときに付き添ってくださった先輩です。

1年ちょっとの間、たくさん助けて頂き、たくさんのことを教わりました。
子供達もとても素敵な子達で、私が心から「親子」に憧れ、子供を願う気持ちをより純粋に、強く感じさせてくれました。

一度、娘さんが姿を見ないまま間違えて私に「ねえ、ママ」と声をかけたことがありました。
それがどんなにじーんとしたことか。
本人はとても恥ずかしがってましたがね。私も子供の頃、叔父と父を親戚の目の前で間違えて大恥かいたので、解るよ~笑。

娘が生まれたら私のことは「ママ」と呼ばせようかしら。
旦那様は「パパ」と呼ばれたくないらしいので、統一するためには無理だけどね笑。

「お母さん」より、なんか気さくな感じになりません?
でも、大人になって社会に出たときに…とか考えると、どうかな笑。



つか、まずは子供を持つことが先だ。


先輩、本当に御世話になりました。
どうか日本でも変らず、周囲を愛し周囲から愛される素敵な家族でいてください。



さて、本日は追記にて、不妊治療院からまた届いた手紙の内容を。

血液検査の結果です。
調べたところ、日本では最近使われ始めた検査のようで、こちらでは普通なんでしょうかね。
仕事の時間割いて調べろってことですかいね、調べたけどサ。

「私の卵ちゃんが育つ場所の年齢」

だそうですヨ。

ご興味がある方はどうぞ。

拍手たくさんありがとうございます♪
つづきを表示
DATE: 2010/04/11(日)   CATEGORY: 不妊治療
フェアってなにさ。
良い天気が続いております。
昨日のガレージセールで持ち帰った日焼けの顔が痛いです笑。

ここいら近辺で風物詩となっている野鳥、「カーディナル」が綺麗な囀りで散歩中の癒しをくれます。
赤いからだでヒバリのような頭に飾り羽があり、目の周りだけドロボウのように黒い小鳥です。
配色といい、「インクレディ○ル」のあの家族みたい笑。

今までは姿を目撃するだけでしたが、最近は鳴き声を聞けるので嬉しいです。
少し独特な囀り。

色んなスポーツチームのチーム名によく使われているので、ややこしいです笑。


さて、昨日届いた不妊治療院からの手紙。
請求書かと思いきや、

「あなたの卵ちゃんの状態について」

ああ、多分、ウルトラサウンドで見た結果でしょう。

詳しい内容は追記にて。ご興味がある方はどうぞ。

いつも拍手ありがとうございます^^
つづきを表示
DATE: 2010/04/10(土)   CATEGORY: 日常
ガレージセール
本日は、帰国が決まっているご家族のガレージセールのお手伝いに行ってキマシタ。

写真撮り忘れた笑。

確か、ドイツでは自分の庭でも売るのは駄目だったとかなんとか…無責任なほど理由を覚えていないんですが、とにかくガレージセールというものがあるのを見たことがありませんでした。
(庭先の景観をとても重んじる国なので、好き勝手に物を並べて売り買い出来ないのもあるのかも)

ノミ市はポピュラーで、毎週のようにあちこちでやっていましたが。
後、街のお祭りのときにバザーとか。

帰国売り(帰国するに辺り、持って帰れない・不要な物を売る)は掲示板に出したりして個人的に取引するのが常でした。それか、ボランティアでバザーをやっている日系団体に寄贈するとか。

そうでなくとも、衣類・靴などを寄付するためのコンテナが、リサイクルエリアに必ずあって、そこに入れる手段もありました。

だから、ガレージセールは初めての体験。

早起きしたんですが、チワ子の散歩だのなんだのでちょっと遅れてしまい、しかしそれが15分程度の遅れだったのに関らず、


「8時から開始なのに、7時前に来た人もいるのよ~」

とガレージセールの開催者である先輩がびっくりしたように言っていました。

開始8時前にはもう、お客さんはピークで、商品はがんがん捌けたそうです。

つまり、ヘルプ(もうひとりの先輩も)が来る前に先輩はひとりで大変な思いをしていたという…。
スミマセーン。

アメリカというと、値引き交渉が当たり前のイメージですが、本日はあまり交渉されませんでした。
多く買われたのは子供服。
次に本(日本の漫画も)、CD、バッグ、玩具。

何分田舎なので、先輩の顔見知りの方もいらしてました。
やはり愛用していたものなら特に、知り合いの方の所に行くのが嬉しいですね。

で、私が便乗させて頂いた品はたった一品。

ワンコ用のデンタルトリーツ。チワ子にと買ったけど、サイズが大きすぎて、ぼっちゃまのお口には合わない笑。
ガムみたいにガジガジしてくれるかと思いきや、食べきれるサイズじゃないと手つけませーん。(兄貴の残りを試したけど、食べなかったから。うちのチワ子は、いやしんぼちゃんの対極にいます)
新品未開封です。

原価がとても高いものな上に、この辺りでは簡単に手に入らないので、皆さん知らないのか…見事にスルー。
興味を示した人達も「高いわ!」と。

で。

結局、ガレージセールの開催者である先輩がお買い上げしてくださいました。本末転倒…。
(値引きしましたヨ~)
ありがとうございました^^。

私のほうの収穫というと、直してから売り出そうとしていたヘルプの先輩の品を「自分で直す」のを条件に無料で。
ありがとうございます^^。

お客さんが見たいから、と広げた先輩の品が大き過ぎてキャンセルしたのを買おうとしたら無料で。
ありがとうご(以下同文)

テヘ。
お金出してないや☆

売れ残ったら買おうかな、と思ってたのは買われちった☆


日焼けをして帰って来ました☆

いやー!楽しかった!
先輩のワンコのリードにひっかかってコケたけど…!(気をつけていたのにトラップにかかったw最近多いw)


仕事押してるけど…!!!笑。(ずっと前からのお約束だったので行きました☆)


拍手ありがとうございました☆
DATE: 2010/04/09(金)   CATEGORY: 日常
アメリカ初個人レッスン
本日は気のせいかと思っていましたが。





さみぃ!!笑



シカゴは雪の予報が出たらしいですよ。



まあ、4月でも雪が降るのはドイツでも経験してましたが、(ちなみに日本の故郷は雪と無縁の所)半袖になりたいくらい暑い日があったのに、今日みたいな寒い日が来るなんてねぇ。



気のせいではなかったので、暖房入れました笑。



さて、昨日お願いした語学学校の先生の個人レッスンが早速本日だったので、行ってキマシタ。

例えへたくそでも、買ったものより作ったもののほうが(その気持ちを)喜ばれるというアメリカ。
クッキーを焼いて持って行きました。

卵と牛乳が入ってないのは

「私が駄目なものは他の人も駄目」精神から笑。

アレルギーって人それぞれだからね、解らないからね。

でもバターは入れたので、(バターなしクッキーってある?)結局アレルゲン除去しきれてないんだけどね笑。

せめてもの抵抗で、無塩バター。オーイエイ


…卵が入っていないクッキーは未だかつて、成形のときに綺麗になったことがありません。
なして???


見た目が悪いのか、先生の気遣いか、クッキーは私が勧めるまで手をつけられませんでした笑。
次回からは余裕を持って、成形にも力を入れよう。
(私は見てくれより中身派)

先輩と2人で受けたのですが、先生は2人同時でも大丈夫なレベルで始めてくれました。


絵本を読む笑。



…これだ!これなんだ!!悦。



先生が個人レッスンをしているのを知ったのは、前回書いたように、私がボランティアで絵を教えていた韓国人の子供達が個人レッスンを頼んでいたから。
彼等の授業のレベルが、私にも合っていると、彼等の母親から勧められたのです。

「絵本を読んだり、英語の歌を歌ったり、とにかく教科書を使うわけではないの」

それはいわゆる、子供のための「英語に親しもう」という勉強の仕方です。
しっかりと日本の学生時代に英語の勉強をしていれば、基礎は出来ていたはずだけど、私があまりにも酷い喋り方だったからでしょう。(ええ、赤点常習犯でしたとも)

だけど、彼女はある日私に、「あなたは英語の単語を知らず、文法もバラバラだけど、でもあなたは素晴らしいのよ、それはね、ジェスチャーを使うからなの。だから先生にも理解して貰える。私はあなたのそういう所がすごいと思ったの」
と言ってくれました。

私は知り合い様に「全身が漫画みたいね」と言われたほど、身振り手振りが大袈裟で激しいです。
漫画が好きだからなのか、仕事柄だからなのか、
だけど、父の影響で子供の頃から洋画ばかり観ていて、彼等のジェスチャーが激しいのに見慣れていたし、意思を伝えるにはそうであるべきだと思っていたからです。

だからこそ、単語や文法が疎かになっているのだけど、まずコミュニケーションが大切。
正しく文法を話そうとしてモゴモゴしているよりも、どーん、びゅーん、と腕を振って表情付けて話したほうが会話が途切れない。

正式な場に出ればちゃんとした英語が必要です。学校の先生ならまだしも、誰も彼もが根気良く理解してくれるわけではない。身振り手振りだけではどうにもなりません。
だけど、今の自分の環境からすれば、まず「伝える」ことが大事だったから、勢いでやって来ました。

そして、いつしか自分のボキャブラリーの少なさに気が付き、悔しさを感じるようになりました。


基礎の基礎が出来ていない…。



絵本は、子供が言葉を覚えるためにあるものです。
歌を歌うことだって、発音が身に染みる。

そうやって、成長過程で覚えていくように、異国の言葉も親しんでいくべきだと思います。


まあ、あとは私が絵が入っているほうが燃えるからね笑。


今日の絵本は、全部過去形で書いてありました。
そのチョイスが先生の心憎いところです。
大人でも十分勉強になる。


で、先輩は私より高いレベルでの質問をするのですが、今まで大人数のグループだと、他の人の質問の意図さえ解らなかった状態でしたが、(質問さえ持たず、そういうもんだと思ってスルーしてしまう辺りが私はまだ初心者)今回のように人数が少ないと、なぜその質問に至ったのかも理解出来るので、とても勉強になりました。




親しみながら基礎を覚えて行きます!




拍手ありがとうございます^^
DATE: 2010/04/08(木)   CATEGORY: 日常
アメリカの英語授業(ESL)
寝違えて首が痛い笑。
だからよく寝れてなかったのか、ねぶい笑。

仕事は押してますが…健康を保つために規則正しい生活を心掛けています。

しかも、今日は学校行ったよ!

なんでも資格を取得するための学校らしいのですが、その中に、英語を第二ヶ国語とする人々のための、英語教室が無料であります。
国中でやっていることで、英語を話せないために犯罪に走ることを予防するためだとか。

しかし、なにせ田舎なこの街、授業を受けにくる生徒が一定量入れば予算を貰えますが、少なすぎると教室が閉鎖されてしまいます。
最近、危機的だと聞いた私は、慌てて行くことにしたのでした。

渡米後しばらくはせっせと通っていたのですが、仕事が忙しくなったのを機に行くのを止めていました。
その他の理由として、恐ろしくレベルが高かったからです。

習いに来る人種は様々ですが、中には、「学びに来る必要がある?」と私からすれば言いたくなるほど達者に話せる人もいて、またそういうある程度話せる人は、「とにかく英語で話したい」と、3時間の授業中、マシンガントークでずっと先生に向けて話し続けます。
また、彼等は話せるとはいえ、自分の国の訛りがあるから、外人英語に慣れてる先生はまだしも、私には聞き取ることが出来ません。

だから、ついて行けない時間を3時間も、ひたすら耐えている状態でした。
それが週に4日間。
はじめのうちは、ひとりでも自主勉強してようとか、ただ聞くだけでも身になるだろうと前向きに頑張っていましたが…。
留学に来ているわけでも暇を持て余しているわけでもない立場からすると、なんだか虚しくなって、「てぇーい」と投げてしまったのです…。

で、その授業の先生のうちのお一人が個人的に自宅でレッスンしていて、それに参加していた子供達を、私が絵を教えていたのもあって、「大人でも個人授業を頼めるか先生に聞いたら、OKだっていうから、連絡取って」と、その子供達のお母さんの好意があり、個人授業を頼むつもりでした。

しかし…やはりずるずると、連絡しないまま時間が経ち。

通院でも英語が必要だし、このままではイカン!と重い腰を上げました。

で、本日は最後の1時間も切ってる状態で学校の授業へ。(駐車場が一杯で、探してた…それも問題だよねー)

先生はとても喜んでくれ、暖かく迎えてくださいましたが、




…やっぱり話せる人のマシンガントークは健在。笑


仕事も押してるからテンション↓↓↓


私、エビ型なんで、感情の起伏が激しいんです。テヘ。


授業が終わり、先生が「今までどうしてたのー心配してたのよー」と声を掛けてくれました。
正直に、「授業がハイレベル(ちなみにこれは和製英語らしいので、私はレベルと言ってから手で上のほうを示しました)だから」と打ち明けました。

すると、先生は二つあるうちのもうひとつの、もう少しレベルが下のグループに次回から行くように、と勧めてくださいました。
なんで私がハイレベルなほうにいるかというと、最初に誘ってくださった先輩が、同じグループに誘ってくださったことと、別のグループでも結局私にとってはレベルが高いという理由で、ずるずると同じグループにいた感じで。
だから「学ぼう」というより、英語が飛び交う中に慣れよう、的な場として学校に行っていました。

先生の勧めを聞いて、同じことの繰り返しだと嫌だな…と思った私は、その場で個人レッスンしているもうひとりの先生に「個人レッスンをお願いします」と勢いで言ってしまいました。
快くOKを頂き、そしてその先生は「前に教えていた子供達からあなたの個人レッスン希望のことは聞いていたから、いつ連絡があるのか、電話が鳴るのやメールが来るのをずっと気にしていたのよ」と言いました。






すーみーまーせーんーーーー!!!




その個人レッスンの先生は、現役の教師を引退した方で、授業はボランティアです。


ボランティア精神の高いアメリカといえど、素晴らしき人材とお人柄である先生に触れ、私は自分の未熟さを再び思い知ったのでした。




明日、早速個人レッスン行ってきまーす。(もうひとりの先輩も個人レッスン希望だったので、正確には2人授業♪)


拍手ありがとうございます!
DATE: 2010/04/07(水)   CATEGORY: 日常
指輪の支配者
チワ子の足が良くなって来たので、少しずつお散歩の距離を長くしてるんですが、本日行った先で真っ白な満開の桜を見つけました。
この季節、マグノリア(木蓮?)がピンクに咲き誇っていて、その中に清楚で小さな花ながらも綺麗な満開の白い桜。

日本にいないことで何か不満があるとしたら、春に満開の桜が見られないことです。
ドイツで住んでいた所でも、桜はちょびちょびありましたが、日本の桜とはどこか違うんです。大味、な感じ。

やはり満開の日本の桜並木は、いつも恋しいです。
ドイツとアメリカの間で日本に1年半いましたが、唯一の桜の季節は忙しくて、花見も出来ませんでした。

だから今日は、見慣れたピンクの桜ではなかったけれど、嬉しかったです。

で、ご飯のときに仕事のインスピレーションにならないかと「指輪の支配者」を小分けにして見始めているんですが、さきほどは1部のラストでした。

ふろどが仲間から離れて、ひとりで冥王の国へと旅立つ決意をし、不安でひとり泣いているときに、魔法使いがんだるふの台詞を思い出します。(名前がひら仮名なのは、検索防止笑)

ふろど「指輪を受け取らなければ、こんな旅をしなくて済んだのに」

がんだるふ「辛い思いをすると、みながそう考える。だが、こうなってしまったのは仕方がないことだ。大切なのは、自分がこれから何をすべきか考えることだ」

※台詞は一字一句間違ってないワケではありませんが、こんな感じです。

これは、ふろどの回想台詞なんですが、実際にがんだるふから言われていたシーンより、終盤になってふろどが涙を流しながら思い返すシーンのときのほうが、がんだるふの台詞がジーンと身に染みました。

そしてはっと思ったのです。

「大切な言葉や教訓は、そのときに言われても聞いても、知っても、必ずしも心には響かない。自分がその立場になって初めて、その意味や重み、大切さを実感し、理解するんだ」

だから、いくら考えに考えて描いた作品でも、読者によって受け取り方は違い、メッセージを理解してくれる人ばかりではありません。

環境も境遇も違えば、考え方も違うからです。

だけど、ふろどががんだるふの言葉を噛み締め、自分の決意で進もうとしたように、いつか、メッセージが届くかもしれない。

だから、読んで心に残る作品を、真摯に、心を込めて、嘘のないように描いて行きたいと思いました。

拍手ありがとうございます!ふろどのさむみたいに、私の支えです。

…あ、しまった、サプリメント結局飲んでないこと書いてませんでした…。飲み忘れちゃったの…。いかんぜよ。
これからまだ大事な仕事が続くので、いつ飲もうかと思案中。
DATE: 2010/04/06(火)   CATEGORY: 日常
イースターパーティー
日曜日の4日はイースターでございました。
その前日の3日、帰国が決まっているご家族とのお別れ会も合わせて、イースターパーティーが知人の家で催されました。

イースターは日本語で復活祭といいますが、昔、鳥の卵の近くに兎がいたことから「うさぎが卵を産んだ!」と子供が勘違いし、以来、うさぎと卵がモチーフとなっているそうです。

ドイツではこの時期になると、あちこちでゆで卵が配られましたが(殻に激しくペイント)、アメリカでは何をするのか興味津々だったので、パーティーは楽しみにしていました。
(昔読んでいた成田先生の「エイリアンストリート」では、エッグを隠してみんなで探すシーンがあったので、わくわく)

しかし基本、イースターパーティーは子供達が楽しむもの。

大人達が隠した卵を、子供達が探します。
(で、大人達はそれを微笑ましく見守り、ディナーとアルコールを楽しむ)

卵はホンモノを使うこともあるそうですが、知人宅ではプラスティック製の卵型容器にお菓子を仕込んだものを使用していました。

P1030132.jpg
知人の庭でエッグハントに燃える子供達。

P1030134.jpg
子供達が燃える光景を見守る私のすぐ横には保護色の卵が頑張ってました笑。

P1030150.jpg
ハントした卵を家の中で開ける女の子達。

この不況のこともあり、駐在組みはどんどん減っています。
子供達の数も減り、現地にいる日本人と仲良しの子供達は寂しい思いをしています。

旦那様が「子供は絶対2人以上!」と強く希望するのも、旦那様がドイツで育つ間、友達が短期間で去って行った寂しい思いがあるからなのでしょうか…。

なんて、考えちゃったり☆

子供達、お別れは寂しいけれど、周りにいるのが当たり前だと思うことなくお互いの存在の大事さを心に刻める、貴重な経験でもあるんだよ。
子供の立場では理解は大変かもしれないけれど、またいつか会える楽しみを胸に抱いて、遠い友達のことを想える優しい子になってね。

拍手ありがとうございました!

編集部の通達で仕事のスケジュールが組み直された…。今月の締め切りこそ絶対に外せないぞ…!
DATE: 2010/04/03(土)   CATEGORY: 日常
アメリカの隣人
引越し時、日本では特に田舎だったりすると、町内会全体に一軒一軒、粗品を持ってご挨拶に回りますよね。
でも欧米では普通はそういう習慣がありません。

ドイツでも一回国内引越しをしていますが、2回ともアパートでしたが、全くご挨拶しませんでした。
ただ、ドイツの最初のアパートの場合は、隣の老夫婦がとても親切で、あちらのほうから声を掛けてくださった感じで、住んでいる間はたくさん御世話になりました。

で、アメリカ。

散歩に出たときに軽く挨拶するくらいですな…。

特に、前に住んでいた家は周囲がちょっと特殊だったので、東洋人とはいえ、周囲の注目を浴びることもなく。

"ひっそり"と住んでいた感じです。




で、会社の先輩の奥様方は全員、アメリカは二度目の赴任。だから住宅事情もよく知っていて、今回私達が引越した家の周囲が普通の住宅街だったのもあり、


「隣の人が挨拶しに来た?」


と聞かれ、「???」となったケイ。


なんでも、新しい人が引越してくると、改まって挨拶し合うことはないのですが、例えばゴミ出しのときとか、隣人が窓からそれを発見すると、「ぴゅっ」と出て来て、挨拶してくれるというのです。

挨拶というか、「隣人はどんな人かしら」という様子見的な感じかな?


ここは特に田舎ですし、近所の話題にもなるというのもあるけれど、アメリカ人のそんな性質に、私はちょっと驚きました。

「みなそれぞれ好き勝手、周りは気にしません」というお国柄、しかし「気になるのは気になるのよ」という。


で、引越して来て1ヶ月近くなりますが、本日、我が家も体験しましたよ、アメリカ式。


旦那様が買って来た芝刈り機を2人で試していたときに(以前のは前の家に入った方にお譲りしました)、偶然なのかどうなのか、隣人のご主人が出て来て、


「はーい、初めまして。俺は○○」と自己紹介と握手。

私達も自己紹介しました笑。

(ちなみに、その直前にチワ子を抱っこして2人で散歩していたら、例の聴導犬のことを尋ねて来た方と偶然にも出会い、ご挨拶しました笑)

そのまま、ご主人は反対側の隣宅に入って行ったので、ご近所として親しいのかもしれませんな。
だから、ついでや偶然だったのかも。

その少し後に、その隣宅のご主人も庭を通りがかったので、挙手と声かけだけのご挨拶をしました。


いずれにせよ、東洋人を嫌う感じはなかったので、一安心です。

向かいのご夫婦も、奥さんが笑顔で手を挙げてくださったし。



ご迷惑を掛けないようにすることはもちろんですが、隣が得体知れなくてドキドキする心配はお互いになくなりました☆

さて、明日は違うメーカーから買ったサプリメントを試し飲みします☆
今日はこれから仕事があるから、まだ飲まないー。副作用がどう出るかわからんから…。
DATE: 2010/04/02(金)   CATEGORY: 日常
4月のお馬鹿さん。
エイプリル・フールはアメリカではまだ本日ですよ。

ああ、4月か。

4月の馬鹿か。

ふふ、それは、



先月末締め切りの分を守れてない私さ…。




引越し&通院&薬の副作用&チワ子の怪我&予定外諸々



うん、色々あったよ。
年明けから飛ばして来たよ。



だけど、締め切りを守れないのはなんて馬鹿なんだ。



馬鹿馬鹿馬鹿ーーーー。



むなし…。


P1030121.jpg
仕事中にチワ子の足がときどき机に掛かります。

可愛いけど邪魔じゃい。


拍手いつもありがとうございます^^
DATE: 2010/04/01(木)   CATEGORY: 不妊治療
サプリの悲しみ。
薬の副作用って知ってるよ?

あはははー、サプリメントで副作用なんてあるワケないじゃーん!あはははー


ははははー








…あったよ。






検査の前に薬局で買うように指示された、妊婦に必要な総合栄養素のサプリメント。


そりゃね、ちゃちゃっと簡単に買えるタイプのものだから、ちょっとは心配したさ。
だけど、まさかねー、なんて。


…一粒目ではよく解らなかったけれど、


検査後も「妊娠の助けになるならば」と飲んでみたらね。




…頭いたーい、熱でぼーっとするー!




侮るなかれ。サプリメントでも体に合わなきゃ副作用が出るさ。



検索してみると、やっぱり駄目な人は駄目らしい。
サプリと同時期に摂取した薬、食べ物、飲み物との組み合わせだったり、その日の体調だったり、その人の体質だったり。


仕方がない。治療のために必要な薬なら別だけど、本格的な治療でない限りはこのサプリは止めよう。

今度違うの探してこようか悩み中。


薬代やサプリメント代は保険が効かないので、そうじゃんじゃん買えないんだけどね…。

あ。ちなみに、治療も日本では保険が効きませんが、アメリカでも保険は100%負担ではありませんし、日本よりとても高いです。
例えば日本での人工受精は一回2万円前後らしいですが、こちらでは100万円くらい。そのうちの自己負担分は薬も含めれば、日本で全額負担するより高いです。

だから回数も限られてくるし、年齢のこともある…。


でも、私達夫婦にはそれ以前に根本的なところで障害があります。
いくら不妊原因を探っても関係ない所で、です。
それはブログには書けないことなんですが。
まあ、なんとかなるでしょう。ポジティブホジティブ。

さあ、障害を乗り越えてやってくるがいい…我等の子よ…!!(偉そうだ)

拍手ありがとうございます^^
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。