Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/01/30(日)   CATEGORY: 日常
あだだだだ。
ただいま


絶賛






ぎっくり腰中。





いや~、ぎくっと言った感覚はなかったので違うと思っていたんだがね。
今までより痛くないとはいえ、この痛みの箇所とか、痛む感覚はぎっくり腰だろう。


ええ。私が最初にぎっくり腰になったのは大人になって間もなくでしたよ。
独身時代。

家族とワイハに行って、ボードに乗って海を泳いでいたら潮に流されて、無理矢理流れに逆らって浅瀬でボードを引っ張ったら、


ぐぎっ



と。



動けないのに家族は助けてくれませんでした…。




姉と暮らしていた独身時代、近所にリュック背負って買い物に出掛けていたんですが、ついでにビデオレンタルしようと思って、リュックの底に牛乳パック寝かせた状態でレンタル物色していたら、帰宅早々


ぐぎっ



と。


この2件、どっちが先か覚えてないんですが、


とにかく若いからと言って油断は禁物。


いずれも冷えている中、腰に負担を掛けたのが原因。





で、




今回はというと。




仕事でずっと同じ姿勢。


雪と寒さで散歩もままならない。



体調が良いんで夜中の3時までパソコン作業していたら、


翌日から腰が痛い。


寝てても座っても痛い。


でも

ぐぎっ

となった覚えはないので、散歩に出てリスに興奮する(かーるおじさんのそらとぶいえの犬そのもの)べにを踏ん張って抑えたりしたり、運動不足だからと階段で踏み踏み運動したり…。


その夜からしこたま痛い。


今朝はもう、腰を曲げるのも辛い。




…むーん、気軽に整体行けないし、とにかく安静に



仕事します。orz





座りっぱなしもぎっくり腰の原因になるんだってー。

そして体調良いからって夜更かしは駄目ね~。

(最近、2時とかに寝るのザラ)


ちょっと来週は大人しくしてます…。

べに、耐えられるかしら…。



あー、それから。


今年の妊活(妊婦になるための活動)、予定が狂いそうです。
旦那様と相談中。

早く返事くださいねボス~。



拍手たくさんありがとうございます!
みなさんも腰は要、お大事に!!
スポンサーサイト
DATE: 2011/01/22(土)   CATEGORY: 日常
例の制度
アメリカのとある州で、飼い猫が陪審員の招集を受けたとニュースが。

手違いで住人登録されてしまったその飼い猫の、飼い主さんの猫思いの対応が微笑ましい話題です。

日本でも陪審員制度が始まる(った?)わけですけど、私も「呼ばれたらちょっと困る」んですわ。
多くの方がそうだと思いますけどね~。

代わりの利かない仕事をしている場合、いきなり陪審員に束縛されるのはキツイところ。
漫画家ってひとりで仕事(私の場合はいないが、アシスタントさんは別)してるから他の人が代われないし、だけど関わっているのはたくさんの人達がいるわけで、遅れれば各社関係者に多大な迷惑が及びます。

非常に申し訳ないことに、渡米してから「しばらく召集の心配がないわ~」とタカをくくっておりました。
ええ、社会に貢献してない駄目人間です…。

が。


飼い猫が陪審員に、というニュースで思い出しました。



…わたくし、このアメリカの地元の裁判所に陪審員の招集受けたんだっけ。



あははは、笑っちゃうわ~。
なんで本場で受けるのかしら~。くすくすくす

orz




えー、飼い猫の陪審員、飼い主さんは「英語が読み書き出来ません」という理由を掲げて辞退を申請しました。
「猫ですから」という理由より愛を感じます。

そう、アメリカでは、「英語が理解出来ない」場合は、陪審員を断れます。

なので私の場合も、その理由を掲げて辞退を承認して貰いました。


しかし、飼い猫の場合は承認されませんでした。


なぜ??


私の場合は、旦那様の会社を通して辞退を申請したので承認されたのかもしれません。
明らかに、駐在赴任の家族だからです。

でも猫は、歴としたアメリカ人(名前からするとどこ系?)の家族ですから、「出たくないから辞退したいもーん」と我侭言ったと思われてしまったのかもしれませんね。(てか、年齢ってどうなってるの)

今の所は飼い主さん同行でにゃんこと出廷するらしいですが、どうなることやら。


ちなみに、旦那様と同じ会社の(赴任地違いの)駐在の方も過去、陪審員の召集があったそうで、その度に会社を通して辞退していたそうな。

一日でも代わりの利かない、きつきつの仕事を皆さん毎日頑張ってるものね。
(そしてそれを休ます病院通いの私…)


さ、ワシも原稿原稿。


拍手ありがとうございます!!
DATE: 2011/01/18(火)   CATEGORY: お仕事
英訳
ふと息抜きにまたやってみました。


「GRIMMS MANGA」の画像検索。

ズラっと出て来るのがとても嬉しいんですが、その中に「良い発見」と「ヤバイ発見」があるのはネットの常。


「良い発見」
のひとつは、フランスの出版社様が、2巻も昨年の11月に発行してくださっていることを発見。
1巻は既に献本も頂いているんですが、2巻のお話までは知らず。

1巻もそうですが、2巻も元々はペロー童話として親しまれていた童話がグリム童話としてもドイツ・世界に親しまれているという、ちょっとフランスとしては微妙だという?思いが出版社の紹介文にあるようで。
(もちろんフランス語はちんぷんかんぷんなので翻訳ソフト通してます)

私もだから、「赤ずきんちゃん」の赤ずきんちゃんはフランス人形のように金髪・青い目にしたというほんのちょっぴりオマージュがあったりするんですが。…フランス人にとってはオマージュでもなんでもなくコケにされてると思われてたらどうしよう…。実際に表紙から除かれたし…。

なんだろう、ごめんなさい。


それでも全体の批評は高く、恐縮感謝。

「よく獣人化したり、若い女性・男性向けにアレンジされている」

と評されているのを読んで、全然意識していなかったもんだからびっくり。
好きで描いただけなんだけどな笑。

様々な漫画のスタイルに慣れている日本と違い、漫画(東洋のMANGAとされるものでコミックではありません)文化の歴史が浅く・広くない海外では、読む側に解かり易い解説や印象を持たせるのを重視しています。
最も、漫画の紹介に限らず、「言葉できちんと伝える」ことが必要とされている欧米では一般的なことなんですけどね。日本では「言い過ぎ・説明し過ぎ」と思われることでも。

2巻の献本も頂けないかなー。わくわく。フランス版って大きいし、特典で原作も入ってるから嬉しい。

…あれ?そういえば、1巻のときはフランス読者向けに表紙の直しが必要だったけど、2巻はそのままだ。
いいんだ笑。


さて、今度は「ヤバイ発見」


その多くは、不正に画像使用したりしていること。
個人でお気に入りのシーンを抜き出してブログに載せたり、から始まり、壁紙加工して配布したり。中には色付けされていたりも。
まあ、商売にしているわけではないのでちょっとは許されることなんだろうけれども。私も気にしてません。

どえらいモノ発見しました。


この前は初・アジア進出して頂いたのも含め、12ヶ国くらい翻訳・出版して頂いていますが、なぜか


日本と英語圏は出てない。

日本は逆輸入の形になるし、まあまず難しいとして、英語圏はどうしてなんでしょうねぇ。

「さらりーまんが驚いた」(隠語です)の影響を受けてしまったらしいんですが…そろそろ…ねぇ?


で、待ち侘びていた所に、


英訳されて1ページずつ読めるようになっているコミックサイト


を発見してしまいました。
1巻の6話中、5話分。


これも不正のひとつですが。


しかし、英訳を待っていた作家さんたら見てしまいましたヨ。


で、読後の感想。


「…あの、私の日本語オリジナル台詞、知ってたの??」


というくらい、素晴らしく解かりやすい英訳。(つまり元々それだけ簡単な台詞ばかり使っている&ドイツ語翻訳が素晴らしい)
画像の形なので、翻訳ソフトは使えず私自身の語学力での読みですが、それでもお気に入りの言い回しをしてくれるシーンもあったりして、ウハウハしてました。


…てか、英語の勉強になるんですけど…。
特に自分の漫画の英訳だと…。

恐らくは原語であるドイツ語から訳しているはずなので

日本語→ドイツ語→英語→日本語

というややこしい段階踏んでんですが笑。


時間がないので詳しいことは全く調べてませんが、不正は不正でもちょっと嬉しい発見でした。

あれ、「ヤバイ発見」だったはずじゃ…。


宣伝となって広まるというのはいいことだけども、でも、ちゃんと翻訳者の方に報酬支払いして出版するという正規のルート踏まないとねぇ。そうやって翻訳者の方々はきちんとお仕事しているのだから。
あのサイトの英訳さんは無報酬なのだろうか?


とにもかくにもお仕事お仕事。私はとにかく描くのがお仕事。



拍手ありがとうございます!
DATE: 2011/01/15(土)   CATEGORY: 甲状腺の病気
不便こその便利。
私は甲状腺の病気を抱えています。
それは不治の病、難病と言われているものですが、


本人至って、ケロっとしてます。


定期的な血液検査で数値を測り、見合ったホルモン剤を毎日きちんと服用していれば問題のない身体でいられるからです。

ただし、それに合わせて、総合栄養サプリも毎日服用しているので、そのおかげもあるかもしれません。


で、これで何が深刻かというと、



・妊娠したときに胎児が育たない。
・妊娠したときにホルモンバランスが崩れやすい。


そうで。

なので妊娠したときは一ヶ月単位で血液検査をして、胎児の成長で持って行かれるホルモンが足りるように、薬の調整をします。管理をきちんとしていれば不育症にはなりません。
マタニティブルーは…普通の人より強いんじゃないかと不安ではありますよ。



で、現在3ヶ月単位で血液検査を行っているわけですが、妊娠していた期間が丁度その間で、地元の産科に血液検査するための転院手続きが流産のために出来なくなり、当初の通りに前回から3ヶ月後にいつもの病院にかかりました。昨年の12月のことです。

で、検査結果が出たところ、

安定していた数値が正常値を外れている。


どうも、妊娠、流産が原因らしい、とのことでした。


このままではイケマセンので、一ヶ月後にまた来て欲しいと言われましたが、片道5時間かかる道のり、今は雪やら氷やらで簡単なことではなく。


それで、先方のご好意で、地元の「アウトペイシェント」と呼ばれる、外来受付で血液検査を受け、その結果をいつもの病院のドクターに知らせるという方法を教えて頂きました。

いつもの病院からの、ドクターサイン入りのオーダー表を持参すれば、手続きして貰えます。

初めてのことにドキドキしながら、先日、この界隈で唯一の総合病院に行きました。昨年年始から通いまくっている病院です。

しかも、しこり摘出手術した丸一年と一日後ですよ?

ホームドクターを持っていない、もしくはホームドクターの予約で来れないほどの緊急の場合、エマージェンシーを利用出来ます。しかしそこで熱を出して倒れていようが、2時間くらい平気で待たされますがね。
で、また待たされたらどうしようという不安のまま、逆に、プチ出産した息子をラボに連れて行ったときはスムーズだったのでそれも期待して総合受付へ。

田舎ですから、全体に小さい病院。総合受付の人達もすごく親切で(いつも感謝です)、今回もオーダー表を見せて「アウトペイシェントでテストしたい」と伝えると、取り次いでくれました。
これがもっと都会の大病院とかだと、受付もいくつか分かれていて、名前を呼ばれてあっち、待ってからまた呼ばれてあっち、と、目的を果たすそのスタート地点までぐるぐるします。

受付で待っていると、名前を呼ばれて(いつもの英語読み)、個室で本人確認、その後その場で血液採取。
血管を探しているナースに

ナース「前に血液検査した?痕が残ってるわよ」

私「…ええ、たーくさん。毎月毎月…(一月に何回もザラ)涙」
(しかも毎日腹に注射してたしな…。←心の中の声)

ナース「Oh,…」


いつもの病院からは、検査結果が遅いと困るので、遅れたときの催促のために連絡先を貰ってくるようにと指示がありました。
だから連絡先をくれーと頼むんですが、意図が伝わらないらしく(こっちも語学力不足)、「すぐ送るから心配ないわ」。仕方がないので、総合受付の電話番号を教えることにしました。

結局、30分程度で終了。家を出てから帰るまで1時間程度でした。


…なんて楽なんだ!!



そして翌日。電話が鳴り、いつもの病院の看護師長さんが

「結果貰えましたよ~」

「早っ」


あの地元の総合病院、良い印象しかありません…。(流産の悲しみは別として)



数値は正常値内に戻っていました。
ほっ。


「今度、こういうときがあったらこの方法で行きましょう」

「…はい!お願いします」

「じゃあ、また3ヶ月後に来てくださいね」


「…」

ドクターの問診も必要だけれど、この方法続けて貰えたら助かるなぁ…。




いずれにしても、妊娠出来たら今度は早目に転院手続きします~。
日本で甲状腺の病気の妊婦さんは専門医や専門の科が必要になったりしますが(血液内科のある総合病院などの産科がベスト)、アメリカではポピュラーな病気で認知度が高いので、産婦人科で普通に診て貰えます。(少なくとも私の受けた産婦人科ではね。あ、出産自体は総合病院のほうです)

日本語通じないけど!笑


色々と遠くて広いアメリカだからこそ、今回のようなシステムがあるんだろうなぁ。




拍手ありがとうございます^^
DATE: 2011/01/14(金)   CATEGORY: 日常
雪雪雪まみれ~。
クリスマスに降った雪が年越しの雷雨で解け、近頃また大雪になりました。
ここはそれほど雪が多い土地ではないそうですが、雪が積もるとテンション↑↑。

スキーは怖い思いをしてから滑れなくなりましたが、雪は大好き。
でもドライブのときは怖くてよ笑。

なので寒くなければ散歩に出るのはOK。
ドイツでもがしがし出て行って、「妖精ごっこ(雪の上に寝て両手を上下にするあれ)」をワンコ達としてました笑。

しかしドイツより雪の量は少なくてもずっとずっと寒いここ。
マイナス30度を記録する土地なので、目安は「鼻毛が凍る」。
ワンコも肉球が危ないので、目安は「ケンケン歩く」。

しかし…本日、太陽が出たので散歩に出たんですが、見事に「鼻毛が凍る」というのに、べにっ子はルンルンで駆け回っている。雪に慣れたらしい。…前の飼い主さんはどんな散歩をさせていたのだ??(ちなみに雪の季節はあまり戸外を散歩している風景を観ません。庭にトイレに出している程度と見た)

人間を取るべきか…!??
ワンコを取るべきか…!???


人間を取った。

日光浴と、仕事中じっとしてて貰いたいので散歩強行しました…。
いや、ワンコのためにもなるよ笑。


P1030842a.jpg
これは昨年のクリスマスの雪。
トイレに庭に出したら、寒がるべにっ子。
記念撮影したが、目はどこだ…。

ちなみにチワっ子は雪ではお留守番。


さて、最近、今までずっとスルーしていた作家さんの作品に目が留まりました。
海外でも人気で、翻訳された表紙をよく拝見していました。

しかしジャンルが「あれ」なので、読むことが出来ずスルー。

…が…。

中身をちょっくら拝読する機会が御座いまして。したらば。






すげぇ!!


超上手い!!! (プロに対して使うべき言葉ではないが、あえて使わせて頂く)



あまりの真面目な仕事ぶりに、大興奮。

こんなに画力がある作家さんだったとは…。


別に偏見を持っていたわけではないのですが、なんでしょうかね、ジャンルに頼る作家さんはどうしても頂けず。
どんなジャンルにしたって、真面目に描かれた作品なら大尊敬。
逆に、どんなジャンルでも、不真面目な作品はどんなにテーマが良くてもスルー。

人物の描き分け、背景、小道具、服の皺ひとつに至るまで丁寧でしっかり描かれているのはすごすぎる。しかも描き方が私好み。
背景と小道具はアシスタントさんに頼られているのか、ご自身で描かれているのか解りませんが、それにしたって構図やらセンスは作家ご自身のお力。見習わなければならん。

「デ○○ート」
の作画作家様のクオリティの高さも目標。
こちらは旦那様がハマって揃えたので我が家にありまする。

いや~、久々に手元に欲しい作品。
拝見すると、とてもお仕事の活力を得られます。
精進せねば!と息巻けます。


…が、ジャンルが「あれ」なので簡単に入手出来ません。
国外発送もハネられる…かも…。
しかし一時帰国はいつ出来るか解からない。




ということで、




お父様お母様、よろしくお願い致しますじゃ。




もう割り切った。ふはははははは。



さて、仕事仕事。



拍手たくさんありがとうございます!!活力!!
DATE: 2011/01/08(土)   CATEGORY: 日常
遅まきにあけおめ。
うわー、もうこんな日付に。

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
皆様にとっても健やかで充実した素敵な一年となりますことを。

さてさて、今年の年末休みは仕事でしたよ。お金もないので旦那様とワンコ達と家の中に引きこもっておりました。
旦那様は「タ○ティクス○ウガ」をクリアしてました。懐かしのゲームでございますね。
で、現在は9番目の「FF」。私が以前、途中までやったんですが、あまりの煩雑さに止めてしまっていたものです。
キャラクターが好みかなぁって友達にも勧めて貰ってたんですが、主人公の外観は好みでも、全体的なものが好みではなく、持続しませんでした…。9のファンの方々すみませんorz

で、夜は旦那様がゲームしている横で仕事しているので、音楽、効果音などが耳に入って来ます。(画面は位置的に見えない)
それだけ聞いていると、7番目の「FF」のよう。

ああ、7番目というと、これも私も挫折したゲーム。
色々と好みにはまって好きではあったんですが、あの暗さについて行けなくなって断念。
身内がクリアするのを横で観てました笑。

いやね、私は持続性と集中力がないんですよ。根性だけはあるんですが。
こんな私が、クリアして尚且つ、その後も何度かやり通したゲームは、今も昔も

6番目の「FF」

だけ。うふふふ…。


で、7番目は映像として観るのは好きなので、「アド○ント・チ○ドレン」はがっつきましたよ。
元々、フルCGムービーが大好物。CGの専門学校出だしな。

ドイツでかの有名なテディベアメーカーの本店と工場のある町に行き、ドライブ疲れでホテルで寝てしまったら夜レストランが閉まってしまって(ちっちゃい町なんです)、水と食べ物を買いに入ったガソリンスタンドの店(日本でいうコンビニ)で、日本のアニメ・ゲーム・漫画を紹介した雑誌(有難くもその後、私も何度か紹介されました)の表紙にCGのレノを見つけて、「おや?」と開いて観たのが、知ったきっかけ。

いいねいいね、素敵なムービーだったさ。

だけど、観るとドキドキしちゃうんで、なかなか観れないさ。
存在を知って、DVDは購入して観たんだけど、その後のBD版を、ハードも持ってないのに買っちゃったりするほど入れ込んでいるのに、こっちでBDハード買った(日本とリージョン同じな上に、アメリカのDVDも観れる)のに、

ドキドキするからまだ観てないさ。

昔から私はそうさー。

ドキドキする漫画とか、ドキドキするゲームとか、苦手。
それに支配されてしまうから。
雑誌、コミック、続きが出るまでドキドキするのは実に苦しかったのです。
だからするなら完結コミック大人買い&一気読み。笑(なかなか出来ないから旦那様より漫画持ってない笑)

年を取ってからは、自分が描く漫画も安穏としておりますよ。
しかも読み切りを心がけています。読むのも読み切りがいい。
例えドキドキしても、読み切りなら続きを待つ苦しみがないから笑。(読者の皆さんが同じとは限らないのにね笑)


そうそう、話がちょっと戻るのだけど、アメリカのBDは日本のBDハードでも観れるけど、日本語が入ってないと大変。ものによっては、日本語の字幕、音声が入っている。
しかし、あまりにも少ない。映画界において日本語の地位は低いのだ。

だけど逆に、日本のものはUS版でもオリジナルで日本語があるので、日本で買うより安く手に入る。
日本のDVDの値段で買える感じ。

で、私は大好きなゲームの中に「キン○ダム・ハーツ」があるのだけども、ドイツにいた頃に買おうと思ったときには既にファイナル・ミックス版が出ていたので、以来、英語音声に味をしめている。

なので、7番目の「FF」の「アドベ○ト・チルド○ン」のDVDに英語版がなくて悲しかった。

では、地元のスーパーのBDコーナーでさえ、必ず「ア○ベント・チ○ドレン」のBDがバーンと置いてあり、日本版とパッケージが違うあれを購入したら、

英語版で観れる…!

とキラキラ。

同じ内容を買うことになるけど、日本で買ったより遥かに安い。


無謀をするか…と目論んで、一応、棚に眠っている日本で買ったBD版の裏を見てみたら。


音声: 日本語・英語


あるやーん!Σ=□=



ということはあれか、リージョンが同じだから、英語版と同じものを作っているってことか??

今度、US版の裏も見てみよー。
スペイン語とか、フランス語とか、中国語とか、ヒンディー語とか、ロシア語とか、アラビア語とか、色々入ってそうだ…。(実際、ほとんどのUS版DVD・BDには数多の言語が収録されている。…のに日本語がないorz)


っと、話をまた反らし、
ドキドキするのが苦手なんですが、たまに、読者様をどきどきさせたい衝動に駆られます。
安全で子供に優しく、平和な読み切りを描いている印象を持たせているようですが、こんな私、実は…


小学生のときはノートにサスペンス・アンハッピー・デッドエンド・ホラーものを描きまくっていたのですわよ。ほほほ。

投稿作も、そらーもう、暗ーいテーマでした。


なんでかって?

満たされていたからさ。

満たされていながら、ないものねだりというか。
知らない領域に触れてみたかったというか。


で、大人になったら。


色んな社会を知り、大切なものが出来、失う怖さを知り、



平和な作品を描くようになりました。



幸せがいいじゃん。
中の人も読んでる人も。



だけども、世の中、確かに平和だけではない。


でも自分の知らない嘘は描けない。



だけど、大切なものが出来、失う怖さを知り、失った経験がある今だからこそ、



暗くても、辛くても、重くても、共感を持って貰える作品が描ける気がする。


人生色々あるんだよ。そんな中で、みんな、もがいて必死に生きて行くんだ。


だから昔よりも、テーマの重いものも観れます。
それを作った、描いた人の背景を思うと、胸が熱くなります。

だからこそ、上辺で想像だけの作品は、バレバレ。中身が軽く、興醒めさえする。


漫画家のみならず、物を作り出して余所様にお披露目する仕事を目指している皆さん。


いいですか、嘘は伝わりませんよ。

作る側が体験し、経験し、感じ、学ばないと、共感は得られず心に残りません。
(失うことはなにも経験する必要はないと思うけど…)


学校に通い、会社に勤め、様々な人と交流し、世界を見る。

技術を磨く以外にも、必要不可欠なことです。


と、私も今後も作品を作り出せるように、




原稿納品しないと。



見捨てられないようにしないと~。


とにもかくにも、今年も色々と学び、精進し、頑張りますよ!

で、今回の原稿が終わったら、ゲームもするんだ~。映画も観まくるんだ~。

けど、妊活しながら新作売り込みもするよ~。

拍手ありがとうございます!
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。