Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2010/03/26(金)   CATEGORY: 日常
聴導犬
「盲導犬」なら漢字変換がすぐに出るんだけど、「聴導犬」の場合は出てこない。
それほどポピュラーではないということかしら。

先日、とあるアメリカ人から「聴導犬に適した犬種を教えてほしい」と聞かれました。
父親の耳が聞こえなくなったからというのです。

犬に関する話が出るのは正直に嬉しいですが、聞かれてまず真っ先に

「えええ!??」

わざわざ日本人の私に聞いてくること自体も普通ではないですが、「聴導犬」といえば、日本のテレビで観た知識くらいしか持っていず、しかも、

「施設で処分されることになる犬を引き取って訓練している」

という知識なので、

「適した犬種」

に対する答えも持っていなければ、「一般人が自分で犬を訓練する」というセオリーも聞いたことがない。


困ったので、知り合い様に相談してみると、「訓練はとても難しいので、訓練された犬のユーザーになったほうがいい」とのことでした。
盲導犬と同じことです。
協会で訓練された犬と適正テストをし、訓練をして晴れてユーザー登録をする、というもの。

もし、訓練に適した犬種といえば、盲導犬で有名なラブラドール、訓練するために生まれて来たみたいなシェパードなどがいます。(ただ、シェパードの場合は見た目が怖いので、日本では警察犬以外あまり使役しませんが。シェパード飼いにとっては、可愛くてしかたないんだけどね…連れてると、「警察犬!」「狼!(ヲイ)」と叫ばれる)
介助犬なら温和で力持ちなゴールデンもいますし。

でも、基本「聴導犬」は捨てられた犬が訓練されているので、Mixとなり小さめの子が多いです。

アメリカの事情となると、もっと知らない。

では、なんでその方が私に相談して来たのかというと、私のことを「犬のエキスパート」と思い込んでいるからだそう。



…なんでだ!笑


口を開けば犬の話ばっかりしてたからか…??
日本からシェパードをわざわざ連れて来たからか…??


その話を持って来たのは旦那様だったんですが、妻のことを「エキスパート」と言われたときに


否定しなかったらしい。ヲイ


とにかく、何もアドバイスしないわけにも行かないので、訓練された犬のユーザーになったほうがいいこと、知り合い様を通して知ったアメリカの介助犬協会のサイトをお教えしました。

国際介助犬協会→ ADI

旦那様は「犬って、隣の家の電話と家の電話の音って聞き分けるの??」とか聞いてくるので、

「うちのチワワだって、クリックの間隔でパソコンを終わるか終わらないか聞き分けてるし」

と応えておきました。

ちなみに、私が独身時代に最初に飼った子は、原稿を描いているときにシャープペンの置く位置と音の違いで、席を立つかどうかを判断してたヨ…。
あ、思い出した。
シェパードも、その子と一緒に飼っていた子も、散歩のズボンを履く音で大喜びするけど室内着やお出掛け着の履く音には反応しなかったし。(着替える場所は彼等には見えない)

ワンコ飼いの方なら解るかと思いますが、来客か家族の足音かも聞き分けるし、ワンコなら大概は音に敏感で、「適した犬種」というのは性格の問題くらいで、どの子でも大丈夫だと思うなぁ。どうだろう?


良い聴導犬と巡り遭えるといいなぁ。

拍手いつもありがとうございます^^
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。