Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2010/04/03(土)   CATEGORY: 日常
アメリカの隣人
引越し時、日本では特に田舎だったりすると、町内会全体に一軒一軒、粗品を持ってご挨拶に回りますよね。
でも欧米では普通はそういう習慣がありません。

ドイツでも一回国内引越しをしていますが、2回ともアパートでしたが、全くご挨拶しませんでした。
ただ、ドイツの最初のアパートの場合は、隣の老夫婦がとても親切で、あちらのほうから声を掛けてくださった感じで、住んでいる間はたくさん御世話になりました。

で、アメリカ。

散歩に出たときに軽く挨拶するくらいですな…。

特に、前に住んでいた家は周囲がちょっと特殊だったので、東洋人とはいえ、周囲の注目を浴びることもなく。

"ひっそり"と住んでいた感じです。




で、会社の先輩の奥様方は全員、アメリカは二度目の赴任。だから住宅事情もよく知っていて、今回私達が引越した家の周囲が普通の住宅街だったのもあり、


「隣の人が挨拶しに来た?」


と聞かれ、「???」となったケイ。


なんでも、新しい人が引越してくると、改まって挨拶し合うことはないのですが、例えばゴミ出しのときとか、隣人が窓からそれを発見すると、「ぴゅっ」と出て来て、挨拶してくれるというのです。

挨拶というか、「隣人はどんな人かしら」という様子見的な感じかな?


ここは特に田舎ですし、近所の話題にもなるというのもあるけれど、アメリカ人のそんな性質に、私はちょっと驚きました。

「みなそれぞれ好き勝手、周りは気にしません」というお国柄、しかし「気になるのは気になるのよ」という。


で、引越して来て1ヶ月近くなりますが、本日、我が家も体験しましたよ、アメリカ式。


旦那様が買って来た芝刈り機を2人で試していたときに(以前のは前の家に入った方にお譲りしました)、偶然なのかどうなのか、隣人のご主人が出て来て、


「はーい、初めまして。俺は○○」と自己紹介と握手。

私達も自己紹介しました笑。

(ちなみに、その直前にチワ子を抱っこして2人で散歩していたら、例の聴導犬のことを尋ねて来た方と偶然にも出会い、ご挨拶しました笑)

そのまま、ご主人は反対側の隣宅に入って行ったので、ご近所として親しいのかもしれませんな。
だから、ついでや偶然だったのかも。

その少し後に、その隣宅のご主人も庭を通りがかったので、挙手と声かけだけのご挨拶をしました。


いずれにせよ、東洋人を嫌う感じはなかったので、一安心です。

向かいのご夫婦も、奥さんが笑顔で手を挙げてくださったし。



ご迷惑を掛けないようにすることはもちろんですが、隣が得体知れなくてドキドキする心配はお互いになくなりました☆

さて、明日は違うメーカーから買ったサプリメントを試し飲みします☆
今日はこれから仕事があるから、まだ飲まないー。副作用がどう出るかわからんから…。
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。