Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2010/09/02(木)   CATEGORY: 不妊治療
お注射増えちった。
「ぶいえすあらし」のとある回で、まつじゅんがしてた格好がロックっぽかった上に、くりふくらいまーをやっちゃってくれたからさあ大変!!
鼻血出る勢いでガン見してましたヨ!!!!

…ふー、エエもん見せて貰いました。

さて。

連日通院に行って参りました。

朝3時起きです。

不妊治療院は朝が早いです…。

私達がとても遠くから来ていることを(約200マイル=320キロメートル)、承知してくれてるんだと思うんだけどもorz

いや、連日となるとしんどいさ笑。

さて、不妊治療の内容なので畳みます。

拍手いっぱいっぱいありがとうです…!!すごく励まされます…!!!
タイトルにもありますがね、あの例の注射。

薬局にて、「ひと箱足らないから追加を取りに来て」と言われて、10日分も打つのかとショックを受けていましたが…。

先日の通院でナースより


「これから毎日打ってくれる?」さらり。









やーーーーーーーーー!!!!!!!!!血涙






もう笑うしかないさ…。あはははははは…。





えー、私に処方されました注射は、「抗血栓剤」でありまして、血液が凝固しやすい女性が妊娠すると、流産&不育症になりやすいのでそれを防止するためのものらしいです。

後になって「一緒に飲むように」と指示された薬が「ベイビーアスピリン」と呼ばれる、81mgのアスピリン。
それも

「低用量アスピリン療法」と言われる、血栓の出来やすい妊婦が妊娠継続をするために必要なものだそうです。
※病院からの説明を理解出来ていないので自分調べ。

アスピリンと言うと、頭痛薬のイメージがあるんですがね。
ベイビーアスピリンとは、赤ちゃんのためのアスピリンではなく、低用量という意味らしい。

免疫に異常が見られる患者への対処のようです。

ドクターは私の血液検査の結果と、甲状腺機能低下症の持病のことを考えて、「流産&不育症」のリスクを負わないように用心してくれたのでしょうね。


…普通に妊娠して普通の妊婦になるのは難しいっちゅうことですかい…。


今まで妊娠しなかった理由はなんだと考えたら、色々とボロが出て来たということなんでしょうなぁ。


失敗した前回を鑑みて、今回は随分と慎重なようです、ドクター。


ここのドクターにかかって、無事、妊娠&出産された日本人女性がおられますが(交流はありません)、彼女のブログにある通院内容と比べると、私の場合はコマコマと検査&処方薬が多い。


最初は「どうせ異常ナシとか言われて済むんだろうなぁ。卵ちゃんとオタマの遭遇率が低いだけなんだよ、きっと~」

とたかをくくっていた自分。


もしも自然妊娠をしていたら、それは万々歳ですが、流産&不育症の危険に晒されていたわけですね…。

低下症もそのリスクがあるので、それを発見してくれた&強引に薬を処方してくれた不妊治療のドクターには頭が下がります。


も~、受付の女性には顔を覚えられて(最初とっつきにくい感じがした方でしたが、今はとても気さくで嬉しい)、こちらもナースやスタッフの顔ぶれも覚えて来ちゃったヨ。


常連というのもどうかと思うけれど、もし無事に妊娠&出産出来たら、近い年になるのを覚悟でアメリカにいるうちにまた通おうかなぁ。

うちは3人子供がいてもいいから☆




子宮内膜をふっかふかにするべく、豆乳&納豆復活。

喉が腫れる~~涙。
妊娠のためのサプリにも体がだるいよ~涙。


で…


…セルフ注射開始です…。
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。