Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2010/09/23(木)   CATEGORY: 日常
元気でーす。
しばらく更新してませんでした…。

気分の浮き沈みが激しかったのと、仕事がきつきつなのとでorz

まだ気分はやっぱり浮き沈みでぷかぷかしてますが、体は元気です笑。
※昨日書いた時点では元気でしたが、実は元気じゃないときもある笑。

さて…本日はちょこっと雑談。

私の漫画のこと。

日本人の方でありながら、私の漫画(ドイツ語)を購入頂き、日本語訳を所望してくださる方がおられます。
通販でというより、現地購入をされた方からの問い合わせがほとんどでびっくりです。(もちろん通販してくださった方にも大感謝ですよ!)

前回の記事でもお報せした「GRIMMS MANGA」は名前の通り、グリム童話を元にした、パロディ漫画です。
パロディと言っても原作とかけ離れたものではなく、登場人物の設定を少し変えたり、性格を弄ったり、長い話を短くしたりといったもの。

日本では昔からよく知られている童話をモチーフにしたパロディ漫画は多々ありましたが、ドイツで漫画化したのは珍しいらしく、光栄なことにその年の国内産漫画人気1位を取得させて頂きました。

ただ単におもしろいと感じてくださった方も大半だとは思いますが、匠な仕事を得意とするドイツ人、細部まで丁寧に描き込み、ギャグテイストにしているとはいえ登場人物を真面目に扱う点などに共感を抱いて頂いたようで、コアなファンの方も多いです。

だから、体を壊し、締め切りが守れず、手を掛けられなかった作品に対しては、非常に辛口のコメントと批評を頂いた次第でございます。

でもかくあるべきだと思うのです。

自分は巨匠でもなんでもなくて、漫画家の端くれにしか過ぎないけれど、プロという肩書きがある以上、仕事に対して真摯な態度で臨み、お金を出して買って読んで頂く読者様に対して失礼のないしっかりした作品を提供するべきだと常に思っています。

「おもろしければいいじゃん」

というゆるゆるな意見も悪くはないんですが、読者に手厳しい批評を貰うほど、そして読者が手厳しい批評を出せるほど、漫画家も背筋を伸ばして作品を描くべきなんです。

互いにレベルを落とし合う漫画の世界じゃ駄目なんです。

締め切りを守ることはとても大切です。
そのために多少手を抜くことがあっても仕方がない。

発売日に間に合ってくれたほうが読者も嬉しい。

そうしないとビジネスの世界は成り立たない。


だけど、アートな世界がそれでいいのかと、ちょっと思う。


ジレンマ。



締め切りを守りつつ納得の行く仕事が出来るように日々精進。それに尽きるかにゃ。


だから、気分が浮き沈みしようとも、せっせとコツコツ仕事してまふ。
そのコツコツが、以前は出来なかったの。


ちょっとは成長したか。

てかそれでいいのかいい年して苦笑。


今月末締め切り頑張って乗り切りまーす。


拍手たくさんたくさんありがとうございます!!!嬉しいよー涙。
お注射も頑張ってるヨ!!
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。