Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2010/11/27(土)   CATEGORY: 妊婦生活
私の赤ちゃん。
本日2度目の更新となります。

「シェルターっ子べに」編を楽しみにされておられる方のことを考えて、今回の記事は畳みます。

しばらく離れていた話題、流産に関してです。

ラボからの胎児の検査結果が届きました。


私の赤ちゃんが存在していた証のひとつです。
私の場合、病院側の方針ということで、手術ではなく、自宅での自然流産でした。

ネットで調べて、自宅での流産はどのような感じなのか事前に把握するよう努めましたが、とにかく心配事は

「赤ちゃんを見つけてあげられるか」

ということです。

どのような形で出てくるのか、具体的なことは全く解りませんでした。

そして私の場合は、赤ちゃんの協力があったことと、幸運が重なりました。

後日調べたところによると、胎児は羊膜に包まれ、その羊膜は絨網膜に包まれています。だから流産の際には、赤ちゃんが入っている、外側の絨網膜が子宮から排出されて始めて完全流産となると思われます。

体験談では、絨網膜らしき袋が出て来たので、検査のため病院に持って行った、と書かれた方と、赤ちゃんだけ掬い出して持って行った、という方と色々です。

私の場合、あきらかな袋が二つ出て来ました。双子じゃありません。
後から出て来た逞しい袋に穴が空いていたことを考えると、その穴から中の羊膜が先に出て来たと予想出来ます。

しかし、流産本番時にはそんな知識はありませんでしたから、袋が二つで戸惑いました。
最初に出て来た袋が透明だったので、赤ちゃんらしき塊を引き剥がした、とブログにも書きましたが、もうひとつの中身は調べる勇気がなく、赤ちゃんらしき塊と、中身が見れない袋をラボに持って(連れて)行きました。

結果が出るまで不安でいたのは「赤ちゃんじゃなかったらどうしよう」
どうして、最初の袋も袋ごと、持って行かなかったのか、と。


しかし、本日届いた検査結果を開くと、


「染色体は正常」


とだけありました。


つまり、赤ちゃんは無事、ラボに連れて行けていたのです。

そして、もし、絨網膜と思われる袋しか出てこなかったら、弱虫な私はその中身を見られたか解りません。
穴が空いて、羊膜が先に出て来て、赤ちゃんの姿が見えた、それは幸運なことです。

お別れする前に、会うことが出来た。
触ることが出来た。


その後、胎児の姿がないことはウルトラサウンドで確認していますが、内容物が残っていて、実は3週間以上経つ今でも出血が続いています。
基礎体温は低温期と高温期の丁度真ん中をずっと維持しています。

母も目の前から消えた赤ちゃんの姿が、今もまだ戻って来ないと言っています。


まだまだ、私の体は赤ちゃんを迎えられる体には戻っていないし、赤ちゃんも来てくれる様子はありません。
鶏と卵状態、どっちが先なのか解りませんが、私の準備が整っていないほうが問題なので、早く戻って欲しい…。


と、やきもきしているこの頃ですが、本日の検査結果にあった、「染色体は正常」ですが、英語を直訳すると実は



「正常な男の染色体」



とありました。


つまり



私の赤ちゃんは、男の子だったんです。




不妊治療院で、心拍確認を初めてする診察を待っているとき、私の膝の上に向こうを向いて座る男の子の幼児の姿が見えたとブログにも書きました。
穿いているのがオーバーオールのようにも見えるし、黒地に白い縞の入ったパンツにも見える。
とにかく可愛い姿でちょこんと座って、私をときどき振り向く幼児。

「男の子だ!」

そう思ったあの日。

心臓を動かして、自分の存在をアピールした、あの日。


そして心臓を止め、自分から出て来てくれた流産の日、その子は私のお腹から手を振って天へと昇って行きました。


男の子だったんだ…。




もう亡くなりましたが、私の祖母は墓守をしていて、とても霊感の強い人でした。その血は娘達に受け継がれ、母もまた強い人です。
祖母は母が娘を産んだときに言ったそうです。

「あんたはね、その子の魂が男の子でも、女の子じゃないと産めない体なんだよ」


つい先日、母がふと、急に妹(私の叔母)と話がしたくなって、電話をしたそうです。すると、叔母さんは母に、
「実はつい先日、姉さん(母の姉、私の伯母)の所に手伝いに行ったときに、姉さんが『夢を見た。お母さん(例の私の祖母)が、女の赤ちゃんを抱いていたの』と言っていたの」
と伝えました。

母はびっくりしたそうです。妹(私の叔母)にも姉(私の伯母)にも、私の妊娠のことも、流産のことも伝えていなかったからです。

そして、伯母さんが夢を見たのは、まさに私が流産をしたときでした。


祖母は、曾孫の魂を天国へ連れて行ってくれたのです。




私の赤ちゃんは、女の子の魂で、女の子として生まれたいのに、男の子の体だから産まれないのかもしれない。

確認したくても、祖母はもういません。


また、母は最初、私の赤ちゃんが男の子だと言いました。が、その姿に女の子の姿も重なって来たと言い出したのが、私のお腹の中で心臓を止めた頃でした(私も母もまだそれに気付いていない)。


女の子なのに男の子の体だから無理だった、そういうことでしょうか。



私は希望出来るなら、男の子です。


でも、女の子でしか産まれないのなら、女の子でもいい。女の子とわかったら、それはそれで可愛いもの。

よく当たる中国式産み分け表(今回の赤ちゃんは、他でも紹介している複数の表の中で一箇所だけ女の子と男の子で分かれて違う月の子で、どっちか解らなかった)で、女の子を狙うべきなんだろうか。



身も心も女の子、私達夫婦からは想像が付かんが…。


無事に生まれて来るならそれが一番!!!


無事に生まれて来ーい!!!
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。