Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/01/08(土)   CATEGORY: 日常
遅まきにあけおめ。
うわー、もうこんな日付に。

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
皆様にとっても健やかで充実した素敵な一年となりますことを。

さてさて、今年の年末休みは仕事でしたよ。お金もないので旦那様とワンコ達と家の中に引きこもっておりました。
旦那様は「タ○ティクス○ウガ」をクリアしてました。懐かしのゲームでございますね。
で、現在は9番目の「FF」。私が以前、途中までやったんですが、あまりの煩雑さに止めてしまっていたものです。
キャラクターが好みかなぁって友達にも勧めて貰ってたんですが、主人公の外観は好みでも、全体的なものが好みではなく、持続しませんでした…。9のファンの方々すみませんorz

で、夜は旦那様がゲームしている横で仕事しているので、音楽、効果音などが耳に入って来ます。(画面は位置的に見えない)
それだけ聞いていると、7番目の「FF」のよう。

ああ、7番目というと、これも私も挫折したゲーム。
色々と好みにはまって好きではあったんですが、あの暗さについて行けなくなって断念。
身内がクリアするのを横で観てました笑。

いやね、私は持続性と集中力がないんですよ。根性だけはあるんですが。
こんな私が、クリアして尚且つ、その後も何度かやり通したゲームは、今も昔も

6番目の「FF」

だけ。うふふふ…。


で、7番目は映像として観るのは好きなので、「アド○ント・チ○ドレン」はがっつきましたよ。
元々、フルCGムービーが大好物。CGの専門学校出だしな。

ドイツでかの有名なテディベアメーカーの本店と工場のある町に行き、ドライブ疲れでホテルで寝てしまったら夜レストランが閉まってしまって(ちっちゃい町なんです)、水と食べ物を買いに入ったガソリンスタンドの店(日本でいうコンビニ)で、日本のアニメ・ゲーム・漫画を紹介した雑誌(有難くもその後、私も何度か紹介されました)の表紙にCGのレノを見つけて、「おや?」と開いて観たのが、知ったきっかけ。

いいねいいね、素敵なムービーだったさ。

だけど、観るとドキドキしちゃうんで、なかなか観れないさ。
存在を知って、DVDは購入して観たんだけど、その後のBD版を、ハードも持ってないのに買っちゃったりするほど入れ込んでいるのに、こっちでBDハード買った(日本とリージョン同じな上に、アメリカのDVDも観れる)のに、

ドキドキするからまだ観てないさ。

昔から私はそうさー。

ドキドキする漫画とか、ドキドキするゲームとか、苦手。
それに支配されてしまうから。
雑誌、コミック、続きが出るまでドキドキするのは実に苦しかったのです。
だからするなら完結コミック大人買い&一気読み。笑(なかなか出来ないから旦那様より漫画持ってない笑)

年を取ってからは、自分が描く漫画も安穏としておりますよ。
しかも読み切りを心がけています。読むのも読み切りがいい。
例えドキドキしても、読み切りなら続きを待つ苦しみがないから笑。(読者の皆さんが同じとは限らないのにね笑)


そうそう、話がちょっと戻るのだけど、アメリカのBDは日本のBDハードでも観れるけど、日本語が入ってないと大変。ものによっては、日本語の字幕、音声が入っている。
しかし、あまりにも少ない。映画界において日本語の地位は低いのだ。

だけど逆に、日本のものはUS版でもオリジナルで日本語があるので、日本で買うより安く手に入る。
日本のDVDの値段で買える感じ。

で、私は大好きなゲームの中に「キン○ダム・ハーツ」があるのだけども、ドイツにいた頃に買おうと思ったときには既にファイナル・ミックス版が出ていたので、以来、英語音声に味をしめている。

なので、7番目の「FF」の「アドベ○ト・チルド○ン」のDVDに英語版がなくて悲しかった。

では、地元のスーパーのBDコーナーでさえ、必ず「ア○ベント・チ○ドレン」のBDがバーンと置いてあり、日本版とパッケージが違うあれを購入したら、

英語版で観れる…!

とキラキラ。

同じ内容を買うことになるけど、日本で買ったより遥かに安い。


無謀をするか…と目論んで、一応、棚に眠っている日本で買ったBD版の裏を見てみたら。


音声: 日本語・英語


あるやーん!Σ=□=



ということはあれか、リージョンが同じだから、英語版と同じものを作っているってことか??

今度、US版の裏も見てみよー。
スペイン語とか、フランス語とか、中国語とか、ヒンディー語とか、ロシア語とか、アラビア語とか、色々入ってそうだ…。(実際、ほとんどのUS版DVD・BDには数多の言語が収録されている。…のに日本語がないorz)


っと、話をまた反らし、
ドキドキするのが苦手なんですが、たまに、読者様をどきどきさせたい衝動に駆られます。
安全で子供に優しく、平和な読み切りを描いている印象を持たせているようですが、こんな私、実は…


小学生のときはノートにサスペンス・アンハッピー・デッドエンド・ホラーものを描きまくっていたのですわよ。ほほほ。

投稿作も、そらーもう、暗ーいテーマでした。


なんでかって?

満たされていたからさ。

満たされていながら、ないものねだりというか。
知らない領域に触れてみたかったというか。


で、大人になったら。


色んな社会を知り、大切なものが出来、失う怖さを知り、



平和な作品を描くようになりました。



幸せがいいじゃん。
中の人も読んでる人も。



だけども、世の中、確かに平和だけではない。


でも自分の知らない嘘は描けない。



だけど、大切なものが出来、失う怖さを知り、失った経験がある今だからこそ、



暗くても、辛くても、重くても、共感を持って貰える作品が描ける気がする。


人生色々あるんだよ。そんな中で、みんな、もがいて必死に生きて行くんだ。


だから昔よりも、テーマの重いものも観れます。
それを作った、描いた人の背景を思うと、胸が熱くなります。

だからこそ、上辺で想像だけの作品は、バレバレ。中身が軽く、興醒めさえする。


漫画家のみならず、物を作り出して余所様にお披露目する仕事を目指している皆さん。


いいですか、嘘は伝わりませんよ。

作る側が体験し、経験し、感じ、学ばないと、共感は得られず心に残りません。
(失うことはなにも経験する必要はないと思うけど…)


学校に通い、会社に勤め、様々な人と交流し、世界を見る。

技術を磨く以外にも、必要不可欠なことです。


と、私も今後も作品を作り出せるように、




原稿納品しないと。



見捨てられないようにしないと~。


とにもかくにも、今年も色々と学び、精進し、頑張りますよ!

で、今回の原稿が終わったら、ゲームもするんだ~。映画も観まくるんだ~。

けど、妊活しながら新作売り込みもするよ~。

拍手ありがとうございます!
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。