Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/01/15(土)   CATEGORY: 甲状腺の病気
不便こその便利。
私は甲状腺の病気を抱えています。
それは不治の病、難病と言われているものですが、


本人至って、ケロっとしてます。


定期的な血液検査で数値を測り、見合ったホルモン剤を毎日きちんと服用していれば問題のない身体でいられるからです。

ただし、それに合わせて、総合栄養サプリも毎日服用しているので、そのおかげもあるかもしれません。


で、これで何が深刻かというと、



・妊娠したときに胎児が育たない。
・妊娠したときにホルモンバランスが崩れやすい。


そうで。

なので妊娠したときは一ヶ月単位で血液検査をして、胎児の成長で持って行かれるホルモンが足りるように、薬の調整をします。管理をきちんとしていれば不育症にはなりません。
マタニティブルーは…普通の人より強いんじゃないかと不安ではありますよ。



で、現在3ヶ月単位で血液検査を行っているわけですが、妊娠していた期間が丁度その間で、地元の産科に血液検査するための転院手続きが流産のために出来なくなり、当初の通りに前回から3ヶ月後にいつもの病院にかかりました。昨年の12月のことです。

で、検査結果が出たところ、

安定していた数値が正常値を外れている。


どうも、妊娠、流産が原因らしい、とのことでした。


このままではイケマセンので、一ヶ月後にまた来て欲しいと言われましたが、片道5時間かかる道のり、今は雪やら氷やらで簡単なことではなく。


それで、先方のご好意で、地元の「アウトペイシェント」と呼ばれる、外来受付で血液検査を受け、その結果をいつもの病院のドクターに知らせるという方法を教えて頂きました。

いつもの病院からの、ドクターサイン入りのオーダー表を持参すれば、手続きして貰えます。

初めてのことにドキドキしながら、先日、この界隈で唯一の総合病院に行きました。昨年年始から通いまくっている病院です。

しかも、しこり摘出手術した丸一年と一日後ですよ?

ホームドクターを持っていない、もしくはホームドクターの予約で来れないほどの緊急の場合、エマージェンシーを利用出来ます。しかしそこで熱を出して倒れていようが、2時間くらい平気で待たされますがね。
で、また待たされたらどうしようという不安のまま、逆に、プチ出産した息子をラボに連れて行ったときはスムーズだったのでそれも期待して総合受付へ。

田舎ですから、全体に小さい病院。総合受付の人達もすごく親切で(いつも感謝です)、今回もオーダー表を見せて「アウトペイシェントでテストしたい」と伝えると、取り次いでくれました。
これがもっと都会の大病院とかだと、受付もいくつか分かれていて、名前を呼ばれてあっち、待ってからまた呼ばれてあっち、と、目的を果たすそのスタート地点までぐるぐるします。

受付で待っていると、名前を呼ばれて(いつもの英語読み)、個室で本人確認、その後その場で血液採取。
血管を探しているナースに

ナース「前に血液検査した?痕が残ってるわよ」

私「…ええ、たーくさん。毎月毎月…(一月に何回もザラ)涙」
(しかも毎日腹に注射してたしな…。←心の中の声)

ナース「Oh,…」


いつもの病院からは、検査結果が遅いと困るので、遅れたときの催促のために連絡先を貰ってくるようにと指示がありました。
だから連絡先をくれーと頼むんですが、意図が伝わらないらしく(こっちも語学力不足)、「すぐ送るから心配ないわ」。仕方がないので、総合受付の電話番号を教えることにしました。

結局、30分程度で終了。家を出てから帰るまで1時間程度でした。


…なんて楽なんだ!!



そして翌日。電話が鳴り、いつもの病院の看護師長さんが

「結果貰えましたよ~」

「早っ」


あの地元の総合病院、良い印象しかありません…。(流産の悲しみは別として)



数値は正常値内に戻っていました。
ほっ。


「今度、こういうときがあったらこの方法で行きましょう」

「…はい!お願いします」

「じゃあ、また3ヶ月後に来てくださいね」


「…」

ドクターの問診も必要だけれど、この方法続けて貰えたら助かるなぁ…。




いずれにしても、妊娠出来たら今度は早目に転院手続きします~。
日本で甲状腺の病気の妊婦さんは専門医や専門の科が必要になったりしますが(血液内科のある総合病院などの産科がベスト)、アメリカではポピュラーな病気で認知度が高いので、産婦人科で普通に診て貰えます。(少なくとも私の受けた産婦人科ではね。あ、出産自体は総合病院のほうです)

日本語通じないけど!笑


色々と遠くて広いアメリカだからこそ、今回のようなシステムがあるんだろうなぁ。




拍手ありがとうございます^^
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。