Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/04/07(木)   CATEGORY: お仕事
チャリティーオークション絵
私が契約させて頂いている、ドイツ出版社さん主催のチャリティーオークションに寄贈させて頂く絵が完成しましたヨ!!

出版社さんが呼び掛けた作家さん達の絵をオークションに掛け、得た全額を日本の被災地に向けて寄金するという企画です。

詳細はまだ知らされていませんが、開催は目前。
復興のための支援は長く続くので、第二弾も考慮されているとのこと。

まず最初のオークションで、私は9枚の絵を出しました。


①「GRIMMS MANGA」の2巻、ハードカバー版(通常版よりおまけ増ページ)に収録されている、カラーイラスト4枚
②今回に向けて用意した、カラーイラスト5枚


①は、通常デジタル原稿によりデータを出版社に提出している私ですが、2009年発行ハードカバー版増ページに辺り、提出しなければならない絵を、日本からアメリカへの国際引越し中によりパソコンがなく、近所のスーパーで購入した画用紙と絵の具でこさえて郵送したという、「苦肉の策アナログ原稿」が現在も出版社に保管されておりました。
カラーはとにかくデジタルな私にとって、アナログぺたぺたカラーはお目汚しレベルなんですが、それでも「生原稿」は希少。
その希少性をファンの方々に買って頂こうかと。(お気に召して頂ければファンでなくとも)

手元にロクなデータが残っていないので、こちらでお披露目することは出来ません。
製本のものをスキャンしようかと思いましたが綺麗に出来そうもなく…。

担当さん、出版社のボスからも喜んで頂けた提案なので、第一陣で出品されるはず。

開始値を原稿料に設定しないでね、ボス☆

オークション打診時の出版社さん側の要望が、「オリジナルであればラフ画でもペン画でもなんでも…」というお話でした。
眠らせたままでいる絵を、一銭でもいいからお金に替えることが出来れば、お役に立てる。


が。


ここは馬鹿真面目なプロ根性。


どんなにファンの方が「欲しい!」と思ってくださっても、私としては

「人様にお金を出させる絵はきちんとしたい」



ので、


②は、今回限定の新しいイラストを描きました。

11462.jpg
「お金を出して頂く絵」にしてはぎりぎりのレベルですが…。
修羅場中なので許してクダサイorz

提出絵の枚数は3~5枚とのことでしたが、そこはまたがめついプロ根性?
4枚の予定をMAXの5枚に。
(ご紹介している画像は全部並べてます)

…きっともっと提出している作家さん達もいるはず…。
ドイツ人作家さん仕事速いから…。
(本当に絵を描くことが大好きな子達がプロになっているので、とにかくよく描いていて羨ましい)


売りに出す絵なのでご紹介は小さいですが、一枚ずつA4サイズです。
といっても色の付いてる部分はドイツの原稿サイズに合わせているので、A4サイズに収まる、という所かな。

キャラは全て「GRIMMS MANGA」の1.2巻から。
オリジナルだから平気でしょう!
ていうか、これで私はドイツに知られているので、これじゃないときっと売れない!笑

添えた花の種類に詳しい方なら、ひとつの共通点があるのでお気付きになるかな。

3月11日の誕生花です。
※サクラだけは、3月の、ということにしています。日本を代表する花ということで。

あえてそうしたのは、


「あの日をきっかけに、世界から生まれた愛がある」


という意味を込めて。


花言葉をドイツ語で添えています。
それぞれの意味に添ったキャラを描きました。


単品売りでしょうから、セットにしてもしょうがないとは思いますが、自分、テーマ決めないと筆が進まない性質なもので…。


ドイツのオークションに入札・出品したことないし、日本より財布の紐の硬い民族なのでどのくらいの値を付けて頂けるかドキドキですが、私の出来る精一杯のうちのひとつなので、



お役に立てますように…!!



また開催日時、場所が決まったら告知致しますね。
(入札しろというのではなく、あくまでご報告です)



さて、最後にもういっこ。


先週末、たまたま入ったレストランで旦那様の同僚の方と、お友達の大学生(日本人留学生)と鉢合わせ。
席を一緒にしてお話させて頂きました。

すると、旦那様の会社でも募金が行われたとのこと、そしてその大学生の方も、大学に申請して、募金活動をされたとのことでした。
やはり大学などでもきちんとチャリティーを行える場所が設けられており、大学の許可を得て募金箱を設置することで皆信用して寄金してくれるとのことでした。

…私が個人で募金箱持って歩いても、入れてくれるワケがないよね…。


募金活動のお話が聞けて、とても感動しました。
田舎だって皆素晴らしい!!!


一日でも早い復興に繋がりますように。

拍手ありがとうございます!!
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。