Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/07/03(日)   CATEGORY: 不妊治療
無知の怖さ。
ただいま!!

初めて前泊してクリニック行って来ました!!



不妊治療のカテゴリなので、ご興味ない方はスルーされてくださいませ~。





ふいー。アメリカでひとりで外泊なんて初めてだったよー。
ドイツではあるけど。

ペット可の所なので、番犬のべにか、癒しのチワンかどちらか共連れしようか悩みましたが…。


仕事持って行ったのでナシ。


…ていうか、気持ち的に余裕ありません。orz



さて、何しに行って来たかというと、


DAY6~DAY12の間にしか検査出来ない(つまり妊娠していない期間)、卵管造影検査。
※DAY1は月の使者開始日です。アメリカはこの日から妊娠日数のカウントをします。

ドクターは大変ご多忙の方なので、予約が取れた日に行けなければ、一ヶ月待ちということ。
(確実にドクターの検査を受けるために、ドクターの日取りに合わせてピルで月のものを調節するくらいなのだ。だから調節せずに自然で受けられるのは大感謝)


卵管造影というのは、子宮・卵管・卵巣に造影剤を注入し、レントゲン撮影して異常がないかどうか、卵管に詰まりがないかどうかを調べるもの。
簡単な詰まりならばこのときに取れるので、治療にもなります。
頑固な場合は手術もしくは卵管を必要としない体外受精に一気にステップアップ。


…つまり、検査の中で一番痛いとされている。


医師の腕に因るとか、卵管の詰まり具合に因るとか、諸説は色々ですが、ケロリとしている方はかなりマレ。

出産のときより痛い、とか、気絶するとか、しばらく点滴打ちながら寝込むとか、


怖い体験談はたんまりあるわけで。


でも私は経験者。


異常のなかった私は激痛があったもののその後、自分の足で歩き、車4時間運転(途中力尽きて休んだ)して帰宅しましたがな。


…だからって、もう一回受けたいとか思うわけないべー!涙



流産の残留物があってはイケナイので、涙を堪えて再度受けることになったわけで。



で、予約日が7月2日、土曜日。


ハイ。



旦那様、ゴルフの接待で付き添えません。



…ゴフ…!

…ゴルフ…ゴルフに負けたのよ、私…!!!



いや、この日、アメリカにお住まいの方なら解かると思いますが、二日後の7月4日はアメリカの独立記念日。

月曜日に向けて


独立記念日の3連休!!



アメリカ人にとって独立記念日は年内で一番と言えるほど大事な祝日。


仕事なんかしてられるかー!
と言う方も多かろう。


それを予想しちゃった旦那様、2日の土曜日に接待の予定入れちゃった☆


しかし、私のDAY1にクリニックに電話すると、


「2日にドクターの予約が入れられます。この日が駄目なら来月ですよ」


旦那様真っ青になったとかなんとか。



だって、卵管造影はレントゲン使うのでクリニックと併設の病院しか使えない。
土曜日にそんな大処置するわけがない。

…てか、アメリカ人働くんだー!???旦那様のム○クの叫び


アメリカ人の皆様、大変申し訳ありません。



…さて、妊娠まで一ヶ月延ばすなんて、修羅場中の妻をせっついて?治療を開始した旦那様には出来ない。
(予定なら仕事終わってるはずだろ、が旦那様の言い分)


私は、



嫌な検査を後延ばしは嫌。

という理由で受けることにしました。

そこは覚悟というか、潔いのですわ。

抜歯も「今日抜いても平気です」と歯医者さんに言えるくらい、先延ばしが嫌な性分。(先生の予定が合わず断念)


それにさ、やっぱり早くベビたんに再会したいもの。




朝は8時45分の予約。


それに間に合うためには家を明け方の4時くらいには出ないとならない。



ムリ。



もうムリ。



回を重ねるごとに、根性続かなくなってるのよく解かってるから。



早朝出て走って、検査受けて走って帰って来るなんて、ムリだから。




ということで、直前まで旦那様と悩んだ結果(接待はキャンセルしない)、「前泊」という形に。

独立記念日付近なのでホテル代笑っちゃいます。けど旦那様はそんなのいい、泊まれと部屋を取ってくれました。
(てかそれくらいよろしく。ドイツでホテル取るのは私の役目だった)


ということで、初のアメリカ一人泊まり。
キングサイズのベッドに大の字寝。笑


…いやいや、仕事持って行ってホテルで寝るまで仕事しましたさ…!!
夜更かしは翌日響くのできちんと寝た。


BGM代わりにTV付けてたんだけど、そのときのことは後日記事にしよう。



さて、覚悟を決めて宿泊し、翌朝(今朝なんだけど)クリニックへ。



…ん?駐車場が閉鎖されてる…!!


休日イベントのため(勝手に停められる防止?)か??と、時間ぎりぎりになってしまったので遠くのフィットネスセンターの駐車場借りて停め、走る走る!!ヘリポート突っ切っちゃった!!

クリニックに駆け込むと…


あれ?誰もいない。

受付のおねーさんと、待合室に座っていたのは初めて会うスタッフのおばさん。

卵管造影なら、クリニックに行かず、病院に行きます。
しかし、この日はクリニックに来いと指示がありました。

いつものように受付に名前を書き、しかしその日に受ける検査内容に印を入れるには項目がなくて困っていると、
「いいのよ」と受付のおねーさん。そしてサインの必要な書類を差し出す。

だいそれた検査などでは必要なんですよね。

ううー、やっぱり受けるんだよねぇ…と思いつつサインを入れると、待合室にいたスタッフのおばさんが「付いて来て」と中へ入って行きます。

おやー?私を待ってたの??


そして通されたのはいつものウルトラサウンド室。


あれれ?卵管造影には使わないけど???

しかし、プローブ以外にも見たことのない検査道具が並んでいます。


あれー?ここで何かするの?
レントゲンないけどー???


スタッフのおばさんはウルトラサウンドの技師さんでした。
ウルトラサウンドチェックを済ませると、

「ドクター呼んで来るからそのまま待っててね」

診察台に寝た状態で待つことに。


…あれれれー????
どゆこと??????



「ハ~イ!!」



いつものごとく、後光を背負って颯爽と笑顔のドクター登場。


ウルトラサウンド室で顔合わせは初めて。えええーーー?????




頭を捻ったまま、ドクターは検査を始めました。



うおー、器具の固定はいつものように痛い。
管使うのは前と一緒ね…あれ?ウルトラサウンドのプローブも使うの?


ドクターはウルトラサウンドの映像を見ながら、管から何かを注入しています。


「痛い?」

と聞いて来ますが、痛みは人工受精のときくらいのもの。
それなりに痛いけど、卵管造影のときのように無理矢理子宮を広げられる激痛はナイ。なので

「ちょっとだけ、大丈夫です」
と応えましたよん。


時間は卵管造影のときより少し長かったけれど、


「パーフェクト!!ビューティフル!!」


懐かしい歓声と共に終了。(卵管造影のときも言ってくれた)

「全く問題ないよ!良かった!」

ドクター、笑顔で教えてくれました。



よ、よくは解からないんだけど、うん、いいならいいです。照

綺麗になっていたなんて、思わず、天国行ったベビたんに感謝してしまったよ。
また次のために綺麗になるようにしてくれたんだね。ありがとう。



…そして結局、検査はそれだけ。
病院に行かず、レントゲンもなし。



…どうやら、通水検査っぽかった??
卵管造影のように造影剤を使わず、食塩水の戻りで異常がないか調べ、卵管の簡単な詰まりも取る。卵管造影より簡易な検査のことです。

だからウルトラサウンドを使って、時間掛けて調べたんだろうなぁ。


カウンセリングのときのドクターのメモの文字は、通水検査とは書いてない。
だから正確には違う検査なのかもしれないけど、

ウルトラサウンドチームと検査する、とある。


…やっぱり最初からこれだったんだ??


つまり、病院に行かなくても、ドクターの時間があれば検査出来るということ。




…そして…




どうやら、私のためにこの日、クリニックを空けて検査してくれた…?



というのは思い過ごしなのかもだけど、ドクターも忙しなくしないでウルトラサウンド室から出て来た私に近付いて来て、労うように腕を


ぽん、ぎゅっ

としてくれました。


…うう、ドクター…!!感涙



私の前後に他の患者がいたかもしれないけど、きっと、この日でないと受けられず、そうでなければ一ヶ月延びてしまう患者のために働いてくださったんだと思います。


少しでも早く待望のベビに会いたい人のために。



大感謝です…。本来なら休みたかったでしょうに…。

※旦那様曰く、患者さんのほうが連休で通わないのでわ、とか。
確かに、大事な祝日だものね…。



感動しながらクリニックを後にし、駐車場に向かっていたら…






…いででででででで…!!!



ふぅおあぁーーーーー!!!!!



月の使者の今までで一番酷いヤツの痛みやーーーーーー!!!!



ふらふら車に辿り着き、しかし暑さハンパない車内で休めず、脂汗浮かべながら帰宅の途に着きましたとさ…。





痛み止め飲んでおいて良かったのか…。

それでも自分で運転出来るくらいなのだから、ドクターの腕は良いと個人的に言いたい。




運転しながら痛みは引いてきたんですが、帰宅して動いたら


い、いたた…涙。



安静にしつつ




仕事します☆



無知って事前の怖さはない代わりに、理解していない怖さもあるのよね…。



さあ、血液検査の異常がなければ来月は人工受精出来る…!!(内膜薄かったらアウトだけどorz)


でも子宮頸がん?の検査しないと駄目らしい…?
私の英語力では埒が明かないので、週明け旦那様とナースが電話で話します~。


皆様も暑さにバテませんよう…。



あ、旦那様、わんこの世話はもちろん、晩御飯も作り置きしてくれてました。ありがとう~。
それに、前泊は確かに身体が楽でした…!!高いホテル代ありがとう!




拍手ありがとうございます!!
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。