Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/08/04(木)   CATEGORY: 日常
ドイツ料理
昨日の記事の最後に載せた、ドイツのデザートの写真に反応を頂きましたので(笑)、今載せられるドイツ料理を一挙にご紹介しようかな、と。(もしかしたら過去載せたのもあるかも)

momod.jpg
ローテンブルクのカフェでチーズケーキ。ドイツの割にはサイズが小さいです。
Doll苦手な方はゴメンナサイ。

ドイツ語で「ようこそ」と書いてあります。

7207b.jpg
…うーん、思い出せない。これどこのだ汗。

3162b.jpg
デュッセルドルフの地ビールのひとつ、シューマッハのアルトビール。
このレストラン自体がシューマッハという店で、その地下でビールが作られている。
下に敷いたコースターに鉛筆線が入ってますが、ウエイターがビールの追加をしたときに入れて行きます。線を数えれば、何杯飲んだか解かる仕組み。もう要らないときは、このコースターをコップに被せます。

3161b.jpg
アイスバイン(豚の足)とソーセージ。と、イモ。
ソーセージ&ビール&イモ、ドイツの定番アイテムです。笑
これはボイルですが、焼いたものがシュヴァイネハクセ。こちらのほうが定番です。アイスバインは余り置いてないんですが、メニューになくてもウエイターに聞けば出してくれる所もあります。
ちなみに、ナイフを垂直に刺して行くウエイター。怖いって。笑

イモの味はめちゃくちゃ旨いのです。ありとあらゆる用途別にイモが売られています。

0351b.jpg
昨日の記事にあった、ステーキハウス(イエーガーホーフ)のデザート。これで大きさが解かるかな。笑

0349b.jpg
で、メインのステーキがこちら。
子牛のTボーンステーキです。子牛なので大人のより小さいです。でもアメリカのステーキよりずっと大きくて厚い。
向かいにビールが置いてあるので、向かいは旦那様だ。笑(上も旦那様だ)
ということは、あちらが大人の牛のTボーンですね。もう端っこ食べられてしまってる。笑
周囲の皿は、付け合せです。あれで小皿の扱いです。あれでサイドメニューなんです。

lb22.jpg
ゲーテが通っていたライプツィヒのアウアーバッハスケラーの名物料理。
(向かい席の知人様撮影なので綺麗な写真☆)
付け合せのクネーデル(丸いの)が私の好物。丸ければクネーデルなので、肉団子などもあるけれど、この、イモの粉で作る、モチモチ触感のクネーデルが一番!
解かり難いですが、ナイフフォークで皿のデカさが解かるはず。笑


ドイツというか、ヨーロッパは素材の味を活かした自然派の料理がほとんど。
極寒の地なので、越冬目的に作られたソーセージやハム、チーズのように、全体に塩味がきついですが、調味料なども健康的。

アメリカはファストフードを除いて、ドイツほど料理の大きさも量もないし、写真と出て来た食事の差に残念な気分になることも。笑
それでも美味しい所は美味しいです。
そしてウエイターウエイトレスの愛想がすごく良い。笑
愛想と言うより、懐っこいというイメージ…。

みんな自己紹介するんですよね。
テーブルチップは彼等のものになるわけだから(ドイツではそうじゃない店もあると聞きましたが)、サービスも当然ということかな。
それでも、気持ち良く対応してくれるととても料理も美味しくなります。


料理は、誰かと笑顔で食べるのが楽しいよね。
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。