Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/08/17(水)   CATEGORY: 日常
返品・交換の難しさ。
0255b.jpg
Dollブログではないため、本文にフィギュアの写真を載せるわけにはいかないので代わりにドイツはライプツィヒのクリスマス市での中世露天の写真。
実物大甲冑・武器の他にも、精巧な武器ペンダントヘッドが魅力的でしたよ~。


アメリカで通販したフィギュアが昨日、今日と届きました。(まだ来るよ)
前回記事の追記にも書きましたが(お人形が苦手な方はその追記を見てはイケマセン。今日はお写真ないよ)、昨日のフィギュアは、はっきり言って

「新品なのに新品でなく郵送の際に破損」

という悲しい到着。

新品扱いなのに箱はぼこぼこ、開けられた後を雑なテープで留められ、箱の正面と中身が逆さに入っている始末。

アメリカで箱がぼこぼこなのはよくあることですし開封してしまっているのもよくあること。
だから中身さえ無事ならいい。

しかし、バイクとフィギュアがセットなんですが、まず開ける前から

「何かの部分がころころ中で転がっている」


付属パーツじゃありません。部品です。何かのでっぱりがぽっきり行ったような。


それを無くさないように用心して開け、まずはバイクを取り出してみたら。


…って、取り出せるのおかしくない?

この手のものは、チューブで保護された針金で固定されているはず。その針金もペンチでどうにかしないとならないくらいの(商品に食い込んでいるくらいの)強度で固定しているはず。

しかし掌で軽く取り出せたバイクは、後輪がくっついて来ませんでした。


後ろのタイヤが軸ごと折れてるやーん!!


つまり、針金は全くバイクにくぐらせておらず、バイクに傷つかんか?というような形でバイクの下敷きに。(その不安は現実になっていることを後で気付く…)


折れた軸は強度を兼ねてか、その周りに2本のでっぱりが付いており、それを穴に差し込んで固定してあった模様。つまりはそんな構造、普通は購入者が目にするはずもなく、

その2本のうち1本が折れてころころと箱の中で転がってるのを未開封の状態で目撃するはずもなく…!!

フィギュア慣れしてないのが仇となりました…。orz


接着剤でなんとか直せそうだったので、バイクはいいとしてフィギュアのほうを確認すると、手がぽろんぽろん。
しかし交換の手パーツがきつかったので、「こっちの手にしておけばいいか~」と交換し、その手が持つべき剣を掴ませてみました。

剣の柄の端に付いているでっぱりを外して手のひらに通すのですが、外れない!
ぎりぎり外して、一度付けたはいいんですが…翌日外してみたら、今度は嵌らない…落ちる…。

…柄が割れとる…。


実は昨晩、バイクの後輪は接着剤で直せました。
直した後でしげしげと眺めたら、

針金で付いたのか、黒いフレームパーツが傷付いて欠け、中の白いのが見えてる…!
しかも目立つ所。塗装じゃないから塗りようもない。

それに気付いて凹んだ昨晩、今朝の剣の柄が壊れたのに気付いて更に凹む。

…したら、また郵便屋さんが来て、別の子が来ました!
郵送箱を開けると、

なんと綺麗!!

開けた形跡もない。元来それが普通なはずなのに、アメリカではそれが奇跡のようにすら思えます。orz


開封すると各部品もきちんと固定され、フィギュアも綺麗。



…だがしかし、フィギュアを立たせて保持するための台座が壊れており、鉄が錆びている。orz

台座くらいなんだ!と、フィギュアをしげしげ観察していると、


?なんかおかしい?


気付いたのは、胴パーツと腰パーツが分かれてドッキングされているので(可動はしません)、着ている服(フィギュアなので硬質です)が胴と裾とで別個なんですが…


前合わせ(ボタンとか留めてる部分)が裾と合わない。腰の横にある。
裾の形もあちこち長さが違う。


判明したのが、本来前合わせや縫い目の部分(縫い目のようにプレスされている)も合わせて、腰の形に形成されているはずが、

それらがズレたまま腰の形に形成されている…!

だから長さがいびつだったのです。

ベルトから股下までの裾が前→脇、後ろ→脇、と、まんべんなく向きが違う。
まるで女性がスカートのファスナーを締めてくるりと向きを変えてヨシ!というその行程を、変えるの忘れてうっかり外出ちゃった!みたいな状態に。

合わせも縫い目も長さも遭わないまま、無理矢理に胴体と同じ皺加工されていたので、最初は気付きませんでした…。

硬質素材だから修復不可能。胴体と合わせた皺加工されているので、本来皺がないはずの所に皺。
どうにも出来ません。


つまり、はだ。


届いたいずれもが不良品。


調べた所、初期不良(動かしたらすぐ壊れたなど)の場合は購入店ではなくメーカーへ問い合わせて返品・交換をして貰います。

メーカー、日本なんだけど…!!

最初の子は明らかに開封済みによる、固定の甘さで郵送中に破損(もしかしたら最初から破損してたのに確認しないで売った可能性あるよね)、責任持って交換もしくは返金の対象。

次の子は明らかに不良品。交換の対象のはず。


…でもどちらも発売日から随分経つ。ただでさえ在庫が少ない。

返品・交換してても、このまま良い子に巡り合えず泣き寝入りする可能性も。(交換を何度もする羽目になるのも当たり前らしいです。商品の品質&アメリカというお国柄)

特に今日来た子なんか、不良品とは認めて貰えないかもしれない。
(下手すりゃメーカーと直接になるから交換しないよとか言われそう…)

だったら、我慢して今の子達をこのまま居させるか…。



悶々してます~!


どうしたらいいんだ。
アメリカでは店頭でなく通販で返品・交換、は大変だぞ…。
(やり方は案内見て解かりましたが、ちゃんと交換してくれるのか、交換品がしっかりしているのか不安)

にしても、連チャンは凹むよ…。


拍手ありがとうございます!
病院のこともあって、さしもの私もイラっと来てます…。orz
いかんいかん、ポジティブポジティブ…!

5844b.jpg
まあまあ、リラックスリラックス。
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。