Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/10/25(火)   CATEGORY: お仕事
辺境
そういえば…私は昨今の漫画事情を全く知りませんorz

日本で漫画家していた頃は、プロデビュー後は掲載に関らず、出版社さんから雑誌を頂いていたので、少なくとも自分が関らせて頂いている世界は知ることが出来ました。
漫画家のくせに、余り漫画を読まないんですorz
旦那様のほうがよっぽど漫画持ってますよ?

一時帰国する度に、姉の持つ漫画を読んでみたり、ネットでエンタメの情報には目を通しているんですが。

私の中で、「本当に素晴らしい漫画」というものは、他所に影響されず、自分の世界観を維持し、どの世代にも、どの時代でも通用して親しまれるもの、という定義があります。

描けるんかい、自分に。

流行にのっかるのでは、その場限りです。
そりゃ、時のものは売れますよ?
とある映画がヒットしたから、わざわざ製作していた作品を中断して、そのテイストにあやかって真似して作り直した映画があるとか話があるくらいですから。

でもね、自分を見失ってはいけないんだ。
流行を取り入れつつ、自分の個性も前面に出せる実力があるならいいですが、自分の力量も解かってないと、きちんとしたものにならない。

今の流行が自分に合わないとかあるかもしれないし、流行をチェックしない怠惰さもあるかもしれない。
世の流れを無視するのはエンタメでは余りよくないことかもしれない。

でも少なくとも、私が自分の漫画に心掛けていることは、「自分に嘘は付かない」
自分が制御出来ず、偽るようなものは、自分の作品ではないから。

うーん、でもこういう辺境の地から、一時帰国でぽんと日本に帰ったら、きっと頭がパンクするんだろうな。笑

それを鈍ってると言うんだ。笑 orz


さーて勝手に投稿作シリーズ。
えーと、今回のはプロデビュー作品が雑誌掲載されてから投稿した作品の、2本あるうち最初のかな?

Kami3.jpg
全て結婚前のだから、これも21歳くらいの頃。賞はデビュー作品のと同じだったかしら。orz
初投稿作品以外は全て掲載頂いてます。
初投稿で散々だったので、力を抜いて本来の軽いノリで描いてみたのが功を奏したようです。笑
(でも本当の本当は、真面目で暗い漫画を描く性分)
なんで雑誌掲載が続いているのに投稿を辞めなかったかというと、お金が欲しかった理由以外に、やっぱり
「きちんと最高の賞を取って堂々とデビューしたい」気持ちがあったから。
でも、出版社にもよりますが、漫画大賞を獲得した方が必ずデビューして漫画家を続けるとは限らず、下の賞で、実力はまだ至らなくても編集部のほうで売れると踏めば掲載し、そのままメジャーデビューする作家さんも多いんです。
今はどうなんでしょうね。その辺の新人発掘の事情も全く把握してませんorz
あの有名な漫画を読んだら解かるのかな。笑

日本とドイツとじゃデビューの仕方も違うしねぇ…。


拍手ありがとうございます!!
前回のも含め、追記にて拍手コメントのお返事をさせて頂きますね。
・Eさん

うほーい!拍手コメントありがとーう!!体調大丈夫?
うちの旦那様を良く言ってくれてありがとう^^
…うん、私の何十倍も遥かに人間が出来てます。一歳しか違わないのにね。笑
Eさんを待ってる素敵な人…来ーい!!…あ、もしかしたら自分からハントしなくちゃか!??
………わ、私の漫画、渡してなかったっけ……??遠い目。
でもドイツ語だから、翻訳見ながらだと大変という周囲のご意見。笑
それが煩わしくないのでしたらおみやでお渡ししますw荷物に入るといいな…遠い目。笑
でも絵が好きと言ってくれて本当にありがとう…!マジ嬉しいっす!!!
Eさんのセンスも好きよ~^^







・Aさん

低いっすよ~。そういう観点がなかったAさんに私もびっくりwエンタメの世界に生きているからかしら~^^
いや、Aさんの性格が立派で良すぎるんだ><。
まあまず、出世望んでる男の人には嫁に貰われません。紹介所でことごとく無視られました。笑
社交界=漫画家は有り得ないみたいですよ?
だけど、夫には向上心を持っている人、という私の条件…高望みもいい所でしたねぇ。笑
いや、出世欲とかじゃなくて、純粋に自分の実力を高めるための向上心ってことですよ?笑
幸いにも旦那様は奇特な人だったので、今まで自分の人生にいなかった、珍しい存在に興味を覚えて私を受け入れたようですよ。笑
あー、でも、世の中には漫画家さんでも社交界で堂々と出来る方もおられますから~。
もーう、Aさんの考え方は立派すぎて、恐縮しちゃうよ~w「好きなことで楽して生きてる」と思われがちな漫画家にそういうリスペクトを持たれると、こちらの頭が下がりますじゃwありがとーう><。
つか、私は旦那様の脛を齧っているので、そのリスペクトは必ずしも私には当て嵌まらない…orz
世の頑張っておられる立派な漫画家さんに向けてくだされ><。
お褒めのお言葉ありがたい^^うーん、絵ばかりが完成してても、漫画は成り立たないの~w
漫画としておもしろいのは、絵よりも話が上手い人なんだよ。好みの問題もあるけど、絵が例え雑でも、上手くなくても、表現や話がおもしろかったら読んじゃうでしょ?特に男性読者さんはね。
でも、絵だけ上手くて話がおもしろくないんじゃ、画集買ってるのと同じことで、続けてコミックスを買おうとか、あんまり思わなくなる。いい加減おもしろく描けよって周囲からお叱りばかり頂戴することになるのじゃ。
だから絵が飛びぬけてる作画作家さんと、話が飛びぬけてるストーリー作家さんがタッグを組めば最強ってワケ。
両方を全て自分で手掛けているなら、それはもー、雲の上の人だね…。漫画家はそう然るべきなんだけどさw
小学一年生の機関車、絵の具使用で描いたんだけど、覚えているのは、遠近法を取り入れて描いたことかな。描き方なんか教わってないから、目に見たものをそのまま紙に表現したんだろうけど、まさにそのまま描いたから、「大人の絵」と言われたんだろうね。遠近法なんか取れてなくても、子供の感性でそのダイナミックさを表現してたら、コンクールに出して貰えてたかもしれない。そういう意味では、表現下手だったんだろうね。
大人の事情かー笑。うん、この体験談、過去に他の人に話したら、担任が酷いと言われました。
確かに、子供心が傷付いたわけだから、あまり正直に言うべきことじゃなかったんだろうけど、私的にはショックを受けても本当のことを言って貰えて良かったと今は思う。特に今は、生徒はお客さんの子供だから、細心の注意を払って発言するって聞くし。それじゃ子供は強くならないよ。難しい世の中だねぇ。
今は、当時の担任を悪く思う気持ちは微塵にもありません。
ふほほ、服のセンスも良いですなぁ~^^私もモノクロ好きなので、目移りするよ~。肩口広いとか、袖口、裾が長いとか、萌えるしかないでしょ。笑
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● ご無沙汰してます^^
ケイ | URL | 2011/10/27(木) 14:24 [EDIT]
K様

お久しぶりです、ご訪問とコメントをありがとうございます。
いえ、こちらの掲載はそっちじゃなくて当時のもうひとつのほうです。でもよく覚えていておいでで!新人ですので至らない所は今よりもずっとずっと多かったので、お気付きになられるのはごもっともです。現在でも精進真っ最中です。
嬉しいお言葉ありがとうございます^^
色々なことをお話くださりありがとうございます。
具合のほうはいかがですか。何事も、心身ともの健康が大切で、それがないと他のことも元気が出ませんよね。Kさんもどうか日々ご自愛なさって、ストレス緩和とともにお天気が晴れのような日が送れますように。
コメント本当にありがとうございました^^
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。