Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/10/28(金)   CATEGORY: お仕事
とりあえずラスト。
勝手に投稿作シリーズになっちゃってるので、お仕事カテゴリでとりあえず、今回で〆。

プロデビュー作品のはこうなったら載せないで(笑)、投稿作だけにします。
でもサイトから降ろしたイラストの一部をチラリと。(投稿作のは最後に載せます)

ukabb.jpg
うわー、下手ですorz
作品は20歳のときに描きましたが、このイラストを描いたのはドイツ生活始める前か始めた直後か…その辺り。
一応、初掲載作品がデビュー作という位置付けでいいのかな?

本日はいい天気。
フィギュアの写真撮りたい。
でも忙しいので今日は駄目。他のことで撮影時間がないです。笑

とか言いながら、返品して買い直した子が到着してたので開封しましたけどね。
翌日まで到着に気付かなかったわ。

だって封筒だったんだもの。(宛名はいつも旦那様にしてます)
ポストに入ってたんだもの。

※フィギュアの外箱がどれくらいのサイズかはオーナーさんなら解かりますよね?
うちのポストは平均的なポストより小さいよ?

まあ詳しいことは、また後日。


とりあえず…うちの子にします。orz


さて、お仕事カテゴリの内容にしましょう。
お仕事中はBGMがないと嫌なんですが(ペン入れのときはとても集中するので無音)聴き飽きて来ていたので、お友達がくれた曲に助けられていますよ…!

彼女とは好みがばっちり同じで(笑)、お勧めはツボなんで御座います♪
ありがとうありがとう!

父親の影響で、私は子供の頃から洋楽、映画のサントラと、日本語じゃない音を好んでいました。(海外生活になってからは日本語歌もよく聴きます)
単純に日本の曲や歌に興味がなかったのもあったけど、漫画を描くときなどに言葉が解からないほうが集中出来るから。
あの当時はとにかく多感で、話のネタやキャラデザインを山のように書(描)き貯めてましたから。
つまりは妄想に浸ってドリームしてたわけで。笑

高校生の頃から温めていて、専門学校のときに投稿しようとしてペン入れまでして断念した話があるんですが、私の中でもベストに入る話。
長時間の運転中、旦那様に話して聞かせると、
「細かな所が甘いけど、話としてはとてもおもしろい」
と好感触でした。笑

ネタは良いのかもしれないけど、説明や表現が独りよがりになるのが私の悪い癖でした。
ドイツ出版社の担当さんにビシバシ鍛えられましたヨ。
漫画の歴史が浅く、暗黙の了解が効かない読者さん達に伝える作品にしなくちゃならなかったから。
自分の力の足りなさに愕然としましたヨ。

現在も精進中なので大きいことは言えませんが、昔よりはだいぶ良いよ~。

話の話で話が反れましたが。笑

私が言いたかったのは、ペン入れの話。

私は昔から有り難いことに「鉛筆線が良いね!」と周囲から評価されてます。
だけど漫画は鉛筆じゃ出せないよ。笑

ペンタッチは最高だとは言えませんが、これも昔の作品と比べれば良くなってます。
時間があって丁寧に描くことが出来ればね。

しかし…そうした自信も、最近喪失気味でした。

どんなに努力しても、思う通りに引けない。
修正の嵐の線にしかならない。

ペン先を100本入りとかで購入しているので、そうした中には不良品も混じると聞くし、実際混じってます。笑
で、ペン先が悪いのかと替えまくる。
漫画画材が簡単に手に入らない環境でもったいないけど、綺麗に引くためにはケチるわけにはいかない。

だけど駄目。どんなに替えても改善しない。どれも汚い線になる。
イライラするし、時間はかかるし、

自分はこんなにも下手になったのかと自信喪失してモチベーションが急降下していく。

人が頭痛と闘いながら描いているのに…!!涙

しかし、とあることでいきなり解決しました。

画材が入手しにくいからとケチってちまちま使っていたインクが劣化していたんです。
あのね、インクが劣化すると線が綺麗に引けないんだ。
すぐ擦れる、均一にならない、ペン先がすぐに潰れる。

連載を抱えておられる作家さん達は回転が早いので、劣化することはないと思いますが、たまに同人誌を描かれている方などは経験があるのでは。

もし中身が残っていても、開けて何年も経つインクは綺麗さっぱり見限りましょう。

イライラや修正にかける時間を考えたら、新しいのを開けたほうが良い。
ストックもかなり古いものだけど、未開封だから大丈夫なはず…と、新しいインクを卸したら。

思う通りに引ける!!

自信がバアーっと復活し、モチベーションががんがん急上昇!!

…頭痛は変らなかったけど。笑

今はペン入れ行程は全て終わってますが、いや~、振り回された。汗

皆さん、ペン先だけでなくインクにも注意を向けましょう。

ちなみに私の愛用は「PILOT ink 証券用」
今日本で出ている画材は解からないので、行き着いたこのインクを使用してます。
製図用より耐水性なので即効に乾きます。
昔は薄いのが難点でしたが、改善されたようで、今はゴムかけの際に薄くなる難点くらい。
墨汁は伸びが良いけど乾きにくい、漫画墨汁は乾き易いけど線が太くなる、その他のメーカーのものも、線が太くなります。(あくまで個人的感想です)
結局は「思う通りに線の引ける乾き易いインク」を愛用しているワケです。

それぞれペン先や紙、筆圧などとの相性があると思うので、ご検討される方は色々試してみてくださいね。

さて、最後の投稿作品。

orib.jpg
少し前の記事でカラーを載せたキャラ達の作品です。
一番気負いなく、楽しんで描いた完全なファンタジーもの。
元は高校生のとき同人誌で出そうとしてて、最後のページにある英文は英語の先生に訳して貰った覚えが。笑
同人誌から新たに描き直して投稿し、掲載して頂きました。

次回はまたフィギュアを撮りたいぞ~。
仕事も頑張ってるよ!!


拍手たくさんありがとうございます!!
拍手コメントのお返事は追記にさせて頂きますね。
・Aさん

オタク同士で語り合いましょう笑。それでもAさんは良い性格していると思う~。私のように脛を齧っている場合は胸を張れないんだけど笑、世の漫画家さんはAさんの表現するように自信抱いて然るべきよね~。
小説や映画とかでもそうだけど、テーマにしているものの取材やリサーチに力入れている方は凄いですよね。監修が付いている場合もあるけど、その道のプロ顔負けで書(描)いてしまう。まあ、フィクションってものは、いかに本物のように、読者に信じ込ませるか、というのも大事になって来ているので、読み手は騙されていることもあるけれど笑。でも、漫画なんかは子供には読ませたくないという親御さんもいるけど、絵が付いていると親しみ易いし、色々な知識の元になるし、将来の夢(料理本なら調理師、スポーツモノなら選手、など)のきっかけになったりする。それで育った私だからだろうけど、だからドイツで全く漫画に触れずに育った子供達は、他の何を見て感性を育ててるんだろう、と真剣に悩んでしまったことも笑。
うん、やっかみもあるね。だいたい自分の仕事に不満を抱かれている方から頂戴する言葉だからw
好きなことでも大変なことがありますって返すと、「それでもやっぱり好きなことだからいいじゃない」と返されるので、受け応えせずに苦笑いだけ返すことも多いよ~w
おー、あのキャラ気に入って貰えた?^^
雷神の息子なので、雷バチバチっ子ですw毛がないのでケモ耳とは違うかもだけど、昔から耳が普通と違う子を好んで描いてるんだよ~。ファンタジーが受け入れられない人には良い印象は与えないみたいだけどw
うーん、上の記事で書いた、ベストの話はある意味バッドエンドなんだ…w
軽いものでも重いものでも、しっかり描かれていて読み応えがあるお話が良いよね^^
そそ、その漫画w解かるよね、タイトル言わなくてもw有名すぎwww
読んだことはないけれど、私もDのほうが好みかな?そそ!全ては彼が好きだから…!!笑
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。