Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2011/11/30(水)   CATEGORY: 日常
Jさんへの感謝
間が空きましたorz

大分日本時間に慣れ、久しぶりの両親との生活リズムも出来てきました。
毎朝6時起床。夜は11時まで仕事。
あかん。このままではあかん。もっと時間がほしい!!

まあとにかく今回は、記憶が薄れないうちにフライトレポートを。
体調を崩し、CAさん達の親切をたくさん受けました。
フライト間は、

シカゴ・オヘア空港(国際線)東京・成田空港(国内線)名古屋・セントレア空港

ですが、その全てで心遣いのあるサービスをして頂きました。
いかにサービスが良いか、実体験を元に綴りたいと思います。
長くなるので畳みます。

画像がないのでここになにか。
3501b.jpg
ドイツで住んでいたアパートの窓から。夕焼けが綺麗でした~。
…自分、夕焼けが好きらしい笑。

上のアパートの前に住んでいたアパートの庭での撮影写真も。
3630a.jpg
写真嫌いの兄貴のむくれっ面笑。
あ~、この首にまたもふりたい…。

拍手たくさんありがとうございます!!
拍手コメントのお返事は、追記の最後にさせて頂きますね。
フライト前夜、仕事を終えた旦那様とシカゴへ。
アメリカンバフェで夕食を摂り、ホテルへ。
明朝、シカゴ・オヘア国際空港に向かい、午前からのフライトでした。
旦那様とは、しばしのお別れ。お見送りありがとう!

日本との時差(サマータイムが終わったので15時間)があるので、フライト中は起きていたほうが良いとのことで(日本に翌夕方到着だから)映画三昧!観たのは…

「神様のカルテ」
「プリンス・オブ・ペルシャ」
「猿の惑星・ジェネシス」
「アンダルシア・女神の報復」
「相棒」
「男達の挽歌」(←この途中で問題発生)

この間、機内食を頂くわけですが、アレルギーだらけの私はメニュー選択の余地はございませんorz
でも選べたものの中でも食べられないものもあり、ドレッシングの表示を凝視していると

「何か食べられないものが御座いますか?」

配膳中のCAさんが声をかけてくれました。
事情を説明すると、

「アレルギーなどをお持ちの方のためのお食事が御座いますので、フライトチケットお申込み時に私共のHPからお問い合わせ頂いて、特別機内食をご予約ください」

と教えて頂けました。そんなサービスが!
こちらですね→特別機内食
今回の帰りの便は変更するので、その際は申し込みします!
残すの嫌だもん!

機内食、飲み物のサービスを受けながら、こまめにトイレに立ちます。
持病の低下症は疲れ安く、むくみやすい上に私は動脈硬化体質。動くことは大事。
フライト慣れもしているので、なかなか快適に過ごしていました。
だけどきっと、窓際の閉鎖された空間はいられなかったんだろうな、と昔と今の体の違いは寂しく感じました。
昔は窓際大好きだった…。

さて、太平洋を越え、北海道上空に差し掛かった頃、最後の映画を観ている途中で最後の機内食が。
食べ終わり、トイレの空きを待ちながら続きを観ていたんですが、どうにもお腹が痛い。
(お食事中の方すいません)出るべきものが出ない状態でお腹にガスが溜まっている痛み。
ここ1カ月ほど、お通じが芳しくなかったせいかw(知らずに低下症にご法度の豆乳飲んでから…)
座っていられなくなったので、前屈みでw、トイレの順番を待つw殿方たくさんwww
やっと中に入っても駄目…。
独占するわけにいかないので、出てから席に戻らず、飛行機のお尻部分のCAさん達の作業場に行き、
「すいません、お腹が痛いのでしばらくここらでしゃがませてください」
とお願いして、CAさんが離着陸の際に椅子を出す場所にしゃがませて貰いました。
(幸運にも私がそこにいた間は一度もシートベルトサインが出なかった)
うんうん唸っていると、CAさん達が忙しい最中、代わる代わる声をかけてくださいます。話し相手にも!
「気圧の問題で、お腹が痛くなられるお客様も結構おられるんですよ」
そう言って、ペットボトルにお湯を詰め、おしぼりで巻いた簡易湯たんぽを作ってくださいました。
それをお腹に挟むだけでどんなに楽になったか!

30分くらいしゃがみ続け、着陸態勢に入るので席へ。白湯も頂きました。嬉しかった!
隣の方の持ち込みコーラが膝かけ濡らしていて使えんかったw
前日の悪天候の影響ということで、空港付近はジェットコースター。

酔った…!!

普通酔わないけど、体調悪いと酔う。
吐くまでは行かないけど腹痛とのダブルパンチ。着陸して機内を出る準備もしんどい。
しかし!
機内持ち込みカートが素晴らしく重かったため、乗り込んだときに上に上げるのを手伝ってくださったおじさま(多分。最初のときは複数で手伝ってくださったので、どなたか特定できず)が、ささっと私の荷物を先に下ろしてくださった!ご自身は離れた席だったのに!感涙!!ありがとうございました!!

国内線に乗り継ぐのがあったけれど、他のみなさんが粗方降りるのを待ってからふらふらと席から離れたら、CAさんが「お荷物お持ちします!」と。
感謝しながら、席にぶつかりながら(すたすた歩けんかった…w)出ると、車椅子が。

ひえぇぇぇぇ!

ご厚意を無にしてはいかんと甘えようとしたら、それは他に具合を悪くされた方用でした。お恥ずかしいorz
連絡通路を通って空港内に入ると、スタッフさんがびっくり。事情を聞き、私の荷物をその方が引き継ぎ、乗り継ぎまで付き添ってくださいました@@

入国審査(日本人だからあっさり。他の人ももういなかった)を済ませ、国際線からの乗り継ぎとはいえ、システムが変わったので一旦預け荷物を受け取りに行くんですが、スタッフさん(女性です!)が制限ぎりぎりの重すぎるスーツケース2個、あっと言う間にカートに乗せてくださいました…!!かっこいい…!!
そのまま、チェックインカウンターへ。
国際線からの予約なので、そのまま太平洋線のサービスである荷物2個OK(エコノミー)のまま預けられました。

私、一切荷物持たずに済んでいた…。

医療室に行くほどではないし、気恥ずかしいのもあって、この間は私、笑顔で喋りまくっていました…。
皆さんに感謝を述べ、国内線、名古屋行き搭乗ゲートに行く前におトイレGO!
少し楽になりました…。

時間ぎりぎりでゲートに行き、エコノミー搭乗を待ってチケット照会に行くと…。

ポン☆

私のチケットが何かに反応した!!(青冷め)

「ケイ様ですね!?」

スタッフさんも慌てたように私を確認。(更に青冷め)

「お腹を痛くされているということで、何もせず申し訳ありませんでした!機内でなんでもお申し付けくださいね!!」

えええええっ!そそそそ、そんな!!(驚愕&恐縮)

びっくりしながら機内へ。
はい、持ち込み荷物上がりませんorz
横からひょい。
!外国人の方!!
「Thank you!!」
「You are welcome」

席に着くと、私の横が空席。乗り継ぎの際に、スタッフさんの気兼ねなく休めるようにとの配慮のようでした。
(後日、旦那様は「横になれるように、じゃない?」と)
CAさんが毛布希望者を無言で募りますが、ビジネス席までしか来てくれないw手を挙げれば良かったと後悔していると、毛布をしまってからCAさんが私の席に来て、
「ケイ様、毛布、枕のご用意を致しましょうか」
個人的に尋ねてくださった!!
有り難くご厚意を頂き、毛布にくるまり、離陸…が、滑走路渋滞でしばし待ち。離陸まではと、頑張ってましたが、いざ離陸後、着陸まで意識を失いました笑。

降りる際には、高さが低いので荷物が出せ、CAさん達に感謝しながら空港へ。
あとは預け荷物を引き取るだけ。
迎えに来てくれている両親の前でなら倒れてもいい…。
カートを用意してコンベアーで待っていると、

「ケイ様、ケイ様はいらっしゃいますか!!」

スタッフの方が私を真横で探す。

何かトラブル!?荷物紛失!??(青冷め)

私です、と示すとスタッフさん、笑顔で
「お腹痛くされてらっしゃると聞いて。お手伝い致します!!」

ひえぇぇぇぇっ!!

思うにあれだね。

太平洋線で、飛行機のお尻でCAさん達に「お腹痛い」のワードを発したときにスイッチが入った感じだね。

びびび~!と伝令が走ったわけだね。

名古屋空港にまで!!

凄すぎる@@

スタッフさんと荷物が出てくるまで雑談^^(だから一人でも大丈夫だったのにw)
コンベアーの真ん中から、並んでぴょいっと出てきたので、「あ、来ますね~」と、待っていたら。
待てど暮らせど回ってこない。

??あれ~??

私のいる反対側、出口付近の何かのカウンター前に、無人のままカートが置かれ、その上に見慣れた荷物が遠くに見える。それを私がスタッフさんに示そうとしたのと同時に館内アナウンス。

「ケイ様、ケイ様、お荷物をご用意致しましたので、カウンターまでお越しくださいませ…」

ひいぃぃぃぃぃぃっ!!!

最後の最後で極めつけ。

付いてくださっていたスタッフさんと慌ててカートまで行き、(私が用意していたカートを戻してくださいましたw)荷物確保。スタッフさんにお礼をたくさん言って、出口へ。
無事、両親と会いました。

晩御飯に回る寿司に連れて行ってくれましたが、3個くらいが限度orz美味しかったのに…
ホテルに到着、8時には寝ました。

Jさん達のサービスの徹底ぶりに驚かされました。
今回のトラブルのおかげで、妊婦でも安心のフライトが出来ると確信できました。(もちろんフライトは医師の許可の上ですが)

お忙しい最中の、細やかなお心遣いに、心から感謝致します。
「お客様のために」という気持ちが伝わってくるのがまた嬉しかったです。
ありがとうございました!!

帰りもまたお世話になります!!



以下、拍手コメントのお返事です^^











・Aさん

心配してくれてありがとう^^日本はやっぱりごたついてるというか、ミニチュア感覚というか…。狭いから仕方がないんだけど、ナビなしでは大変よ~w
うん、日本の家屋は寒いわwww着膨れ着膨れw
ふふふ、レノとソラは意地でwブログでサプライズしたかったので内緒に♪
レノは運び安いよね~♪やぱりオーナー孝行だわ☆
DFFクラを悩んだんだけど、スペースがありませんでしたorz
どうしよう?彼らも連れて行く?
右端の白い子は、そう!スター○ォーズの帝国兵(ストームトルーパー)でがすw意外と可動率良いのだ~^^
アメリカならではということでw
ホントにお迎えおめでとう!!^▽^すぐお知らせして貰えて嬉しかったよ~^^
お着替え協力、羨ましい!微笑ましい!!
もうすぐご対面がマジに楽しみっス!!










・Kたん

ただいまあぁあー!!あああ…お仕事お疲れ様><。
日没綺麗でそ~^^朝日はまぶしいけど、夕焼けもまぶしいけどw、落ち着いて見れる♪
もうすぐ病院の予定がつくヨ!会えるね>▽<
あらら、インフル、余裕があれば打ったほうがwww私は打てないけどwKたんは元気でいるのだ!










・Tさん

わあああああ!!!拍手コメントありがとうございます…!!!!
こちらのほうがご無沙汰しまくりで申し訳ない限りです><。
体調などは大丈夫ですか??「体は資本!」まるで合言葉ですがw
いらして頂けていたなんて大光栄です~^^ありがとうございます!それだけで恐縮&嬉しいです!
私もお邪魔します!!
暖かいお言葉ありがとうございます!大分元気になりましたが、クリニック投薬開始です><。副作用にガクブル…><。負けない!
はい、さんべには旦那様とお留守番。旦那様が来るときはペットホテルでお留守番。
ちゃんと迎えに行くこと、帰ってくることをよーく言って聞かせましたが、理解してくれているかなあ。
いつもと何かが違うことは察してくれていると思うので、それだけでも功を奏してくれていれば…。
ホントは寂しい思いをさせているのがすごく辛いですが、お留守番慣れして貰わねば><。
Tさん宅のみんなみたいにいつも一緒にいられればいんですが><。
家族は一緒がいい!^^
Tさんもどうぞお元気に、良いクリスマスをお過ごしください^^
またコメントさせて頂きに参ります~^^
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。