Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2012/11/14(水)   CATEGORY: お仕事
クリスマス新刊
お仕事のお知らせです。
2012年のクリスマスに新刊が出ます。
Amazonさんでは本の表紙が公開されました。

gmf.jpg
GRIMMS MANGA Fanbuch TOKYOPOP Germany出版

Amazon.co.jp

過去、1・2巻と出版された「GRIMMS MANGA」のファンブックです。
特別版なので、通常版(ソフトカバー)はなく、ハードカバーのみの発行です。
内容…描き下ろしカラーイラスト・描き下ろし長編、短編漫画・制作秘話エッセイ漫画(出版社と契約した経緯、取材旅行など)・投稿作漫画掲載・愛犬エッセイ漫画・全キャラ解説・キャラクター占い・ラフ画・おやつレシピ。

台詞は全てドイツ語なので、発売までに日本語台詞集を用意するつもりです。
ご購入頂いた方は、メールフォームなどでお知らせ頂ければPDFファイルでお届け致します。

投稿作以外は全て描き下ろしです。投稿作も未発表。
長編漫画は少し成長した「赤ずきんちゃん」の主役達が登場、短編漫画は新しいグリム童話のアレンジ話です。
細々と日本で漫画家をしていた自分が結婚してドイツに渡り、新しく設立された漫画出版社と契約する所から始まる制作秘話ですが、ほとんどが出版社との苦労話。日本だったら出版社から駄目出しを喰らってしまう内容でしょうが、そこはドイツというお国柄。「おもしろい」という理由で掲載されています。

個人的にはキャラクター占いを気に入っています。私と担当さんが試した所、どちらも自分らしいキャラに行き着きました笑。当然私は占い師ではないので、気軽に試してくださいね笑。

表紙の背景ですが、本当はこれのために新しく用意したものの、出版社の意向で今までのハードカバー版と同じものです。BOX発売の際に再販されたものが、緑→赤と変更になったのですが、以来クリスマス発売というのもあり、赤で統一されています。評判も良いらしく。
私が描いた本以外にも、「GRIMMS」のシリーズとして出ている他の作家さんのハードカバーの背景も統一化しているそうです。
日本ではあまり馴染みのない完全統一の仕方ですが、ドイツでは読者の方(特にコレクター向け)に喜ばれるそうです。見間違いはないかと尋ねてみたんですが、「有り得ない」と豪語されてしまいました笑。


拍手ありがとうございます!
拍手コメントのお返事は追記にて。
・Aさん

おお、可愛い上目遣いに見える?目が大きい子は解りやすい上目遣いだよね~笑。
そっぽは、さんごもwべにはそっぽしないけど、視線はいつも別笑。
外はどんなに暑くても日向に、冬は家の中が快適でも日溜りに。気温云々関係ないみたいよ~笑。日本では日溜りが有難いけど、欧米の家は暖房がしっかりしているからね。特に今住んでる家は機密性が高くて、冬でも日溜りは暑いw
ビ○ターに代表するように、首かしげはたまらんよね!話掛けると首をかしげる子はうちにはいないので、なかなか首かしげを観ることは出来ないのだ。だからこそ、スカイプ越しは切なかったよ~。更に探し回るもんだから、余計にTT。aちゃんはどんなときに首かしげする??
エコーは病院によって料金違うけど、基本的には日本より高いよ。保険がカバーされれば0~1万程度かな…他の保険を知らないので情報がないんだけどwだから医者も余程でなければ、エコーも検査も手術も勧めない。聞いた話によると、だからアメリカ人は薬に詳しくて、薬局で手に入る薬でなんとかしちゃうんだって。いずれにせよ医者の出す薬もとにかく抗生物質が基本だからねぇ。
うん、最近知ったんだけど、アメリカでは35歳以上は立派に高齢出産だから、ダウン症(クアトロ検査かな)は当たり前のように検査するんだって。保険がカバーしてるんだろうね。やっぱりAさんときもそうだったんだね!日本の産婦で希望したら、「うちではやってません」だったよw然るべき検査機関で受けてくれって言うから、尋ねたら、よく知らない、前例がない、だってw今の妊婦さん達は、結果がどうであれ堕胎はしたくないっていう人が多いのかもしれない。私も結果によってどう判断するかは未だに答えが出ないんだけど、堕胎だけはしたくなかったから、それ聞いた産婦の先生は「じゃあ、しなくていいんじゃない?」と言って済ませてしまったw
アメリカではもう期限ぎりぎり(羊水穿刺可能期間)だったから、出来るか解らなかったんだけど初診時にサラリと「受ける?」って聞かれたから、即答した~。私より旦那様が受けたがってたから。
普通、結果は確率を教えて貰うだろうに、私のときは「クリアよ」としかw今度詳しく聞いてみるw
ベビーカーのフレームとか基本色は黒だよ~。カバーにちょこっとデザイン生地が使われてて、そこの色がピンクだったりグレーだったりグリーンだったり。あからさまな色使いじゃないから、気にしないで買っちゃってもいいんだろうけど…どうしようかねw日本で見るのは、茶色、ベージュも多かったよ~。雰囲気が和らぐよね。でも黒が多いのは、やっぱり汚れ隠しだろうかw
うん、折角休み取ったのに、気が抜けちゃったねぇwお祝いランチしようと思ってて、まあ一応無事を確認したしってことでお祝いピザにしたんだけど、なんかいまいち釈然としないまま食べましたw
性別が女の子だって判ったら、フィギュアが弄れたのにな~。それに、まだ妊娠報告してない人達にも、胎児に異常がないことが判明してからカミングアウトしようと思ってたから、タイミング逃してしまった…。
調べてみても、普通はやっぱり20週前後の検査をするんだって。羊水の量や子宮頚部の長さとか、そういう日常の生活で注意しなくちゃならない異常も発見しなくちゃならないのに、どうしてうちの地元はw
おかげで、今度の連休に遠い所に行けない…。選択間違っちゃった…。旦那様への負担軽減を優先したばかりに、色んなことが後手後手になってしまいました。何よりも赤ちゃんが第一なのに、失敗した~。
氷が降って来るというか…シャーベット状の雨が降って来て、物に付着した瞬間に凍り着くの。もちろん直に当たるとそこそこ痛いけれど、それより寒くて冷たくてそっちの痛みのほうが強い。人が外に出るのも危険だから、車の運転はもっての他。事故も多くて、私が走ったときも蛇行スリップしたし、道端にごろごろ車が転がってて、中にまだ人がいたよ。一番怖かったのは、前を走る大型トラックが2車線使って蛇行したこと。そんな日に運転しなくちゃならないドライバーは本当に大変。だから、通院も気軽に出来ないのだ…。
分娩近い頃に天気が最悪だったら、事前入院も考えないと…なんだけど、ワンコがおるから旦那様に付きっきりになって貰うわけにいかず、自宅との往復させるのも怖いよ…TT。
地元の産婦がもっとしっかりしてくれてたらなぁ…。それでも、病院自体の設備が足らないらしいから、やっぱり分娩は都会のほうがいいと思っている今日この頃。
いつも心配ありがとうね><。
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。