Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2012/11/20(火)   CATEGORY: 日常
楽しいと不満の日常。
最近週末は天気悪かったんですが、先日は良い天気。そして週明け大雨。笑

普段から、買い物はだいたい週末にまとめてしてしまいます。
どうしても週の途中で必要なものがある場合は、旦那様に帰宅途中に仕入れて来て貰っています。
だもんで、私はいつも「行方が謎の妻」と思われているようで。笑
スーパーで鉢合わせしないからですね。

で、先日の買い物後、レシート見てたらこんなの発見。

191112.jpg
真ん中らへんに、大根の明記があるはずなんですけど。
大根の英語は「Daikon radish」が一般的かな?

…これじゃ「ダイアコン」のような…。

妊婦なんで特に日本食材にこだわり、オーガニックにもこだわれば食費がたまりません汗。
でも外食が減ったぶんいいし、そもそも添加物アレルギーだらけの自分には選択肢がなくて涙。…まあ、健康的でいいかな、と。

我が家手作りのご飯は安全ですよ、うちにお招きする皆さん。調味料から全て無添加ですし笑。

さて、いい天気なのもあるし、我ら夫婦はやっぱり外食好きなのでお出かけして来ました。
私も比較的安全に食べられ、美味しいといえば「バフェ」。ビュッフェ、バイキングのことですね。

うちの街にもいくつかバフェのお店があるんですが、添加物・油てんこもりで私は食べられません。
で。美味しいバフェというと、実はカジノと併設されているレストランだったりします。
カジノはアメリカ人の特に引退したジジババ達の娯楽施設。日本の賭け事よりももっとオープンなイメージです。
なので、ホテルや家族連れで遊べるレジャー施設も併設されたりしていて、ちょっとリッチな遊び場といった感じでしょうか。だからそこのバフェもちょっとリッチ。

私達夫婦もたまにカジノで遊んだりしましたが、目的はそこのバフェがほとんど。バフェのために行って、カジノはしないで帰ることも。まあ、そう頻繁には行けないんですがね、たまの贅沢で。
うちから2時間以内で行けるカジノ付き美味しいバフェの選択肢は、3つ。
ちなみに一番近い所で1時間は掛かります。
先日はまだ私が行ったことのないひとつに旦那様が連れて行ってくれました。
1時間半ちょっとかかる距離かな?

しかもそこは、カジノの中にあるので、IDがないと食べられないという笑。
カジノは未成年NGなので、入るにはIDで年齢証明が必要です。
明らかにジジババの場合はスルーですが、私達のような東洋人はまずID提示。
ということで、今回行ったバフェは必然的に大人しかいませんでした。
ちょっと豪華なホテルのバイキングのような作りで、味も上品、デザートも凝った作りでした。
旦那様も言いましたが、3つの選択肢の中では一番美味しい場所な気が。
ただ、そこに行くまでは田舎道を通るので、休む場所がない。妊婦の身としてはちょっとしんどい。

でも最近、子宮が大きくなって来たからなのか、疲れていても張りで動けなくなることは減って来ました。
バフェから近いショッピングモールに行って、スニーカー買いましたよ。愛用はNBなんですが、後期でむくむことを考えて大き目を購入。レディースで25cm以上は日本ではまずないです。さすがアメリカ。
で、試着するのに上着越しの腹がつっかえて、怪しい動きしてました笑。
マタニティズボンも探したんですが、室内用がなくて断念。
それにしても売ってる店もコーナーも少なくて、みんなどうしてるんだろうなぁ、と。日本も少なかった気がします。通販に頼るにはちょっと博打な気がするんですけどねぇ。

久しぶりにお出掛けして、とても楽しかったです。
安定期になると夫婦最後の旅行と銘打って、遠出をする妊婦さんが多いですが、私達夫婦もとりあえず、どこか行けないかと相談はしてます。
旦那様は暖かい場所で魚三昧したい、と言うので、「それは…カリフォルニアとか、フロリダとか、ハワイとか…?」
もうすぐクリスマス。今さら計画立てるには遅かったと後悔してます笑。

私はドイツ行きたいんだけどねぇ。
でもこの時期行くって出版社に伝えたら、「では新刊宣伝書店サイン会を」と言って頂くかもしれないよ~と旦那様に言うと、「ええ~」と渋られました。仕事絡みは嫌なようです笑。

さて、楽しい週末でしたが週明けにまた不満なことが。

都会に転院することも、少なくとも分娩は都会の病院にする、ということは旦那様も大賛成のようです。
通うのも出来るだけ努力してくれるようですが、病院間で患者データのやりとりがしっかりして貰えるようなら地元に健診に通うほうが、負担は少ないですし。
エコー診断結果によっては、遠くの病院への通院が危険ということもありますし。
…で、結局のところ、エコーが後回しになっている地元の産婦人科に、選択肢を間違った後悔があるわけですが、本日も更にその後悔が強まりましたよ。

持病の薬の処方間違いをされたせいで、血液検査し直しになったんですが、それが健診の間隔とズレたので、健診前に薬が切れるから先に(持病のみの)血液検査だけして欲しいと頼んだら、

「次回の健診時に血液精密検査するから、それまで同じ薬を処方するのでそれで凌いで」

というお返事。

…やれやれです。一ヶ月ごとに血液検査して数値を見ての薬の処方なのに。

一般的なアメリカ妊婦健診を調べてみると、もう次回以降の血液検査がありません。(つまり今度の血液検査は通常の妊婦健診に唯一組み込まれているもの)
またひと悶着あるかもしれん。

拍手ありがとうございます!
関連記事

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。