Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2009/05/30(土)   CATEGORY: 通販
GRIMMS MANGA 2
gms.jpg
GRIMMS MANGA 2 通常版

2009年5月発行 ドイツ語
出版 TOKYOPOP Germany

グリム童話のパロディ漫画、「GRIMMS MANGA」の2巻。

収録話

・白雪姫 
・長靴を履いた猫
・カエルの王様
・歌いながらぴょんぴょん飛ぶヒバリ

※右サイドバー下部に通販リンクがあります。
※予約注文になっておりますが、注文すると取り寄せという形のようです。

gmsh.jpg
GRIMMS MANGA 2 ハードカバー版

ハードカバー、大きめサイズ。追加カラーイラスト、おまけの4コマ漫画、キャラクターデザインシート付き。
作家のサイン入りポストカードも付いています。(絵柄は通常版の表紙)

※右サイドバー下部に通販リンクがあります。
※予約注文になっておりますが、注文すると取り寄せという形のようです。


※内容は同じですので、ご購入頂いた方は右サイドバーのメールフォームにてご連絡ください。
日本語訳台詞集をPDFファイルにてお渡し致します。
メールアドレスのご記入をお願い致します。

収録話の簡単なあらすじを畳みます。
「白雪姫」

森の外では生きられない森の住人である小人のリヒトは、ある日、魔女に命を狙われて逃げ出した人間の少女の話を住人達から聞く。人間を知らないリヒトが小屋に帰るとそこには噂の少女がいた。人間の白雪姫と親しくなるリヒト。しかし、魔女の毒リンゴが白雪姫をリヒトから奪う。彼女を助けたいと願うリヒトは…。

「長靴を履いた猫」

粉引き小屋に住む猫、カールは妖精猫として長く生きていると言われている。しかし、鼠一匹退治しない彼を、粉引き小屋の末っ子の息子、ハンスだけが面倒を見ていた。カールはハンスの前でだけ、人間の姿に変身する。粉引き小屋の父親が息を引き取り、息子達で遺産分けをするが、ハンスがカールを引き取ることになり、町外れのボロ小屋でカールと生活を始める。生活が苦しいためにカールも働かざるを得なくなり、町を牛耳る鬼への定期的な供物を運ぶ仕事を任される。しかし、長靴を履いたカールは供物を隣の国の王様に献上し続ける。その王様がハンスに会いに来ると、真相を知ったハンスがカールと衝突してしまうが、カールはあくまでハンスとの生活のためにしたと言う。カールにはハンスを偽の公爵に仕立ててでも生活を豊かにして欲しい理由があった。しかしその理由を明かすことはカールには出来なかった。そこへ、怪物の影が近付く…。

「カエルの王様」

末っ子の王子、マティアスがひとり寂しく池のほとりでマリを放って遊んでいると、マリが池に落ちてしまう。それを拾ったのは一匹のカエル。マリが迷惑だとどやすカエルは、元は人間の姫、エリザベートだと言う。マリを拾った礼に、城に連れて行き、姫として扱えと命じるエリザベートに、マティアスは快く承知し、彼女を暖かく迎え入れる。エリザベートの呪いを解くのは愛の言葉だが、仲良くなって行く2人には年の差が有り過ぎ、エリザベートは苦悩していく…。

「歌いながらぴょんぴょん飛ぶヒバリ」

旅が趣味の富豪の主人が、3人の娘に土産は何が良いかと聞く。上の娘達は宝石を望むが、末の娘、カタリーナは、人の言葉で歌いながら飛ぶヒバリを望む。父親はヒバリを探し出し、それを守るライオンにヒバリを渡すよう願うが、ライオンは娘と直接取引しなければ応じないと人の言葉で話す。カタリーナが父親のためにライオンの元へとやって来るが、ヒバリとライオンが同じ寂しい瞳を持つことを知り、ヒバリと共にライオンを大切にする約束をし、ライオンに連れられるまま屋敷へと向かう。屋敷に着くと日没になり、ライオンとそれに従う獣達が光に包まれ…。

※「白雪姫」のみアナログ製作原稿、以降は全てデジタル製作原稿
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。