Lockerな日々
漫画の仕事・アメリカ暮らし・犬・フィギュアなどの日常ブログ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2010/03/17(水)   CATEGORY: 日常
アメリカで歯の治療。
そりゃ、ドイツでも病院通いしましたヨ。
喘息気味になったり大人アトピー発症したり。
内科と皮膚科は通い詰めでした。

…でも、歯医者だけは、頑張って一時帰国、本帰国で日本の歯医者さんにかかっていました。

なぜかって?

「欧米は悪い歯はとにかく抜いちゃう」

と脅されていたからです。

根絶してしまえばいいということです。

また、言葉の壁が、治療に不安も生みます。

もちろん、真摯で良い先生もいるはずです。
しかし、脅されている上に、現地で治療している日本人患者さんから聞く体験談は、「削って被せて、はい、おしまい」というものばかり。先入観と手伝って、

「それなら一時帰国で治すよ…!歯は一生もんだよ!??」

となるわけです。
(ええ、だから実際、中学の頃よりずっと御世話になっている日本の歯医者さんに、一時帰国中はタイトなスケジュールで治療して頂いたという迷惑かけまくり患者な私。先生、本当にありがとうございました。旦那様側の親戚の方に歯医者さんがおられて診察時間外に診て頂いたことも)

帰国間際に、ドイツでとても良い日系の先生がいるということを教えられましたが、帰国が決まっていたので結局御世話になることはありませんでした。






が。





アメリカ…。





昨年末、ついたおもちをがぶがぶしていたら、

「ゴリっ☆!!!」




「…ぎゃーっっっ!!!!!!!被せ物が取れたー!!!!!!」




アメリカ来て、おもちで歯の被せ物が取れるって、どゆことさ…。


前々から、「なんか、この被せ物、食べ物がひっかかるなー、大丈夫かなー」と不安になっていたんですが、おもちのおいしさに油断してました。
お約束しちゃったさ…。


さあ、背に腹は替えられぬぞ!


先輩の方が前回の赴任時に御世話になっていたというシカゴの日系歯医者さんを教えて貰い、ドキドキしながら翌朝一番に電話。
「…最悪、仮詰めして貰って、一時帰国で治して貰おう…」
とか考えながら…。

が、年末の急な治療のお願いにすぐに対応してくださり、予約して行ったその歯医者さんは、想像していた所と全く違いました。


院長が日本人なので、スタッフにも日本人の方がおられて日本語でやりとり出来ますが、院長以外のドクターが現地の方らしく。なので、治療方法も機材も現地式。しかし、衛生士さんが日本人患者には日本人が付くので、説明に不安がありません。

実際、私の治療に当たってくださったのは、先輩と会社の方が御世話になっていたという中国系のドクターでした。
(アメリカは様々な人種で構成されているので、珍しいことではないです)

ドクターの性格もあると思いますが、実に丁寧で手際も良く、説明も納得が行きます。
患者第一の治療の仕方にも感動。
結局取れた被せ物は、中で虫歯が進行したため隙間が出来ていたせいだと解り、治療して貰って、アメリカで主流の樹脂を被せて貰いました。日本でゴールドやセラミックを被せる際には、型を取ったり、整形したそれを後日被せに再来するなど、通院回数が多かったのですが、樹脂はその場でくっつけて整形してしまいます。その後も硬いものを食べてもおもちを食べてもへっちゃらという、通院回数も虫歯の治療のときのみという。

車を4時間走らせて遠方から来るという私のために、出来る治療はその日のうちに(ドクターと衛生士さんのお昼休みを削ってでも)やりきってくださるという親切ぶり。

おもちで被せ物が取れた初診時に撮ったレントゲン検査で、「神経の治療をすることになるかも」と言われていましたが、本日二度目に通院してドクターの診察、問診にて「神経の側に写っていた影は、日本で治療した名残り」という診断が下り、虫歯を一箇所治療して歯のクリーニング(歯石取り)をしただけで終了となりました。


…2ヶ月(それもスケジュールを詰めて貰って)通うかもしれないと言われていたので、とても嬉しかったです。


睡眠3時間でひとり8時間の運転はキツいですから☆

…明け方まで仕事する癖が抜けない上に、日曜からサマータイム開始で一時間早まったせいで、上手く寝れなかったのよ~。
※イリノイ州は日本との時差は14時間となりました。


懐疑心の塊だった私をほぐしてくださってありがとうございました!


本日知りましたが、日本でよくやる治療中の「はい、お口の中すすいでください~」というのは、アメリカではないそうです。唾液の細菌が治療部位に入らないようにするためだとか。衛生士さんが洗浄水を入れて吸い出してくれるので、患者は椅子に寝っぱなしでOK。楽チンですが、喉に唾液などが溜まりやすいので、鼻が詰まっていると辛いかも…。

それにしても…昨年末から何本麻酔打たれてるんだろう…。
(後日記事にしますが、不妊検査の「インテグリン検査」でも、実は眠らされましたorz)

歯の治療が済んだので、


「○○○○にまっしぐら!」(前回の不妊治療記事をご覧ください)


しまっす!!


拍手たくさんありがとうございます^^☆
関連記事
Copyright © Lockerな日々. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。